西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
10月22日(日)に南九州市知覧町にある「薩摩英国館」において、「ライブラリートーク」が開催されます。

原口 泉先生による講演や黎明館の元学芸専門員で、現在、鹿児島県明治維新150周年推進室専門員の吉満庄司さんによる展示解説もありますので、鹿児島近隣にお住まいの方、是非ご参加ください!

ライブラリートーク(291022)

FC2blog テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

【2017/10/17 14:00】 | 鹿児島
トラックバック(0) |
10月15日(日)に鹿児島港本港区北ふ頭(かごしま水族館の近くです)において、「明治維新体感フェス! 2017」が開催されます。
楽しいイベントが盛りだくさんのようですので、鹿児島近隣にお住まいの方、是非ご参加ください!
(先着150名には、かるかんのプレゼントもあるようですよ^^)

明治維新体感フェス(291015)-1

明治維新体感フェス(291015)-2

FC2blog テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

【2017/10/11 10:00】 | 鹿児島
トラックバック(0) |
霧島神宮は、私の好きな神社の一つです。
宮崎に住んでいた頃にはよく行ったのですが、今年、久しぶりに拝観してきました。

15034557244772.jpg

夏の霧島神宮はやはり良いですね。
セミの声と杉の木との共鳴が非常に心地よい音色を醸しだし、俗世で汚れた心を清浄にしてくれるような感じがします。

そして、霧島神宮の帰路に立ち寄ったのが、東霧島神社です。
東霧島神社は「ひがしきりしまじんじゃ」とは読みません。「つまきりしまじんじゃ」と読みます。
「つま」とは「東(あづま)」が訛ったもののようですね。

霧島神宮が鹿児島県にあるのに対して、東霧島神社は宮崎県の都城市にあります。
今回初めて拝観したのですが、とても良い神社で感動しました。
近年はパワースポットとしても有名な神社のようですが、非常に神秘的で、かつパワーを体にもらえるような気がしました。

境内の中を少し紹介します。
下記の写真は「神石」というものです。

15034557365303.jpg

これはイザナギの尊が妻イザナミの尊が亡くなったことを悲しみ、その涙で凝り固まった石だと言われています。
ただ、ご覧のように、この石はまるで鋭利な刃物で斬ったかのように真っ二つに割れています。
これはイザナギの尊が、この悲しみに満ちた石を斬ることで、自分が遭遇したような深い悲哀を人々が再び味わわないように念じるためであったという伝説があるのだそうです。
この伝説を裏付けるかのように、ものの見事に割れていますよね。

そして圧巻は本殿に続くこの石段です。

15034557595214.jpg

天然石を積み上げて作られたこの石段は、「振り向かずの坂」とも呼ばれており、霧島の神に対して願掛けした鬼が一晩で作り上げたものと伝えられているそうです。
また、「振り向かずの坂」とも呼ばれる所以は、振り向かずに登り切ると願いが叶うと言われているからだそうですが、ちゃんと説明板を読んで登らなかった私は、何度も何度も振り返ってしまいました(苦笑)。

そして、登り切ったところに拝殿・本殿がありますが、最近多い近代的な建物ではなく、長年引き継がれているであろう大変厳かなものでした。

15034557731725.jpg

こういう神社に拝観すると、何だかご利益があるような気がします。
なお、足が悪い方でも拝観できるように、階段ではない参道が別にありますが、少し坂が急なのでお年を召した方には少し辛いかもしれません。

ちなみに、東霧島神社ではなく霧島東神社という神社もありますので、拝観の際はお間違えなく。

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/09/22 12:10】 | 旅行
トラックバック(0) |
今年のお盆休みは長期間の休暇が取れましたので、宮崎を拠点に九州南部をあちこちまわってきました。
毎年のことですが、その際には鹿児島まで足を運び、黎明館の企画展「小松帯刀とその時代」も見学してきました。

小松は近年脚光を浴びている人物ですね。
小松の功績を考えれば当然のことですが、何故かこれまでは陰に隠れているような状態が続いていました。
おそらくどうしても西郷と大久保というビックネームが前に出て来てしまうからでしょうね。

黎明館を見学した後は、いつもの「味のとんかつ 丸一」に立ち寄り、上ロースカツ定食(2,100円)(写真)を食べてお腹一杯。

14755482836962.jpg

何度食べてもここのとんかつは美味いの一言です。

そして、宮崎への帰路、鹿児島県民御用達の「AZ(エーゼット)はやと店」に寄ってきました。
よくテレビ番組でも紹介されているのでご存じの方も多いかと思いますが、超大型のスーパー兼ホームセンターです。
店名のAZの由来は、アルファベットのAからZまで、つまり何でも揃うというのが、このお店のウリで、何と! 車まで売っています(笑)。

最近写真を取り忘れることが多く、店内の様子をブログで紹介できないのが残念ですが、ほんとAZは見ているだけで楽しいです。
鹿児島に住んでいたら週イチで行くかも?(笑)

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/09/15 12:10】 | 旅行
トラックバック(0) |
今年の夏も宮崎に帰省したのですが、その際に宮崎県児湯郡都農町の赤木家住宅(写真)を訪ねました。

15034551989091.jpg

都農とは「つの」と読みますが、宮崎県中部に位置する人口一万人程度の小さな町です。
藩政時代、都農は以前ブログでも書きました高鍋藩秋月家の領地でした。
豊後街道沿いにあった赤木家は山林業で財を成した商家で、その建物は高鍋藩主が参勤交代する際の本陣としても利用されたそうです。

設置されている案内板によると、文久三(1863)年とその翌年(元治元年)、この赤木家には薩摩藩の島津久光も宿泊したのだそうです。
詳しく調べていませんが、久光の二回目か三回目の上京の時でしょうか。
ただ、案内板には久光のことを「薩摩藩主」と書いていました……。
初歩的なミスですが、案外そのように誤記している本やテレビ番組をたまに見かけます。(久光は薩摩藩主の実父です)
確かに、幕末時の久光の立ち位置と言うのは、外部から見れば少しややこしいのかもしれませんね。
現在、赤木家住宅の建物内部は非公開ですが、往事を偲ぶことが出来る外観を維持していますので、都農に行く機会があれば必見のスポットです。

そして、いつものことですが、宮崎に来たら、やっぱり「うなぎ」を食べないといけないでしょう!
と意気込んで、同じく都農の国道十号線に沿いにある「新田うなぎ」さんに行ってきました。
写真は「うな重(大)3,300円」です。

15034551594130.jpg

値段が少し高いと思われるかもしれませんが、このうな重には秘密があります。
何と! うなぎが二段になって入っているのです!
つまり、「うなぎ・ごはん・うなぎ・ごはん」という四層構造になっています。
これがボリューム満点で美味しい!
このうなぎの量ならば、この値段は良心的と言えるのではないでしょうか。おそらく都会で食べれば、その倍は取られると思いますので。
宮崎はほんとうなぎが美味しいところです♪

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/09/08 12:10】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |
以前このブログでも少し紹介しましたが、「西郷どん味噌」を発売されたヤマエ食品様が、この度「西郷どんのおにぎりにつける黒豚みそ」なる新商品を9月1日に発売されました。

miso.jpg

「西郷どん味噌」については、私も少し関わりましたので、新たな商品が生まれたことはとても嬉しいです。
私も早速頂きましたが、「西郷どん味噌」と同じく、味に深みがあってとても美味しく、お弁当には最適ですよ。

ヤマエ食品工業オンラインショップ(江夏本店)

FC2blog テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

【2017/09/01 12:10】 | グルメ・食べ歩き
トラックバック(0) |
昨年も鹿児島にて開催されましたが、明治維新150周年記念シンポジウムが今年も二つの会場に分けて開催されることになりました。

scan-3.jpg

明治維新150周年記念シンポジウム

「パリ万博と薩摩藩」
鹿児島会場
日時:平成29年9月30日(土)13:00~17:00
場所:鹿児島市民文化ホール(第2ホール)

「薩摩藩と明治維新」
北薩会場
日時:平成29年11月19日(日)13:00~17:00
場所:川内文化ホール(大ホール)

どちらも非常に興味深い内容ですが、私としては、北薩会場の「薩摩藩と明治維新」は特に聞きたいです。
鹿児島近隣にお住まいの方、是非ご参加ください。
(付記:開催日について、平成29年を平成28年と誤記していました。改めて訂正いたします)

FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/08/23 12:10】 | 幕末・維新
トラックバック(0) |
久しぶりのブログ更新です。
今年は春から夏にかけてとても多忙な日々を過ごしていましたが、去年の夏と同様に、別府に行ってきました!
別府と言えばこの人、油屋熊八翁がお出迎え。

15033012692352.jpg

この銅像を見る度に別府に来たな、という実感がわきます。
油屋熊八は別府を日本一の温泉地にするべく奮闘努力しましたが、別府は断層に挟まれた地形であるため、あれだけ豊富な温泉が湧き出しているみたいですね。
だいぶ前にテレビ番組の「ブラタモリ」でやっているのを見て初めて知りました。

そして、大分と言えば、やっぱりハーモニーランド!

15033012536251.jpg

このハーモニーランドで上演されているパレードパラレルは子供だけでなく、大人も必見です。
見ているだけで心がウキウキ・ワクワクして、ほんと楽しいですよ(^^)

15033012323930.jpg

15033013096094.jpg

夜は別府タワーを眺めながら、旅の思い出に浸る。

15033012840263.jpg

別府はやはり最高ですね。

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2017/08/21 17:30】 | 旅行
トラックバック(0) |