西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
先日の連休を利用して、大分県別府市に行ってきました。
目的は温泉とレジャーでしたが、その合間を縫って、少しだけ史跡巡りもしてきましたので、今回はその話を書きたいと思います。

大分県と言う土地は、以前に書いた宮崎と同じく、江戸藩政当時、領内には大藩と呼べるような大きな藩はなく、小藩が分立しているような状態にあったところです。
例えば、現在の大分県内にあった主な藩をあげてみると、

中津藩(奥平家10万石)
杵築藩(松平家3万2千石)
日出藩(木下家2万5千石)
府内藩(松平家2万1千石)
臼杵藩(稲葉家5万石)
佐伯藩(毛利家2万石)
岡藩(中川家7万石)、
森藩(久留島家1万2千石)

といったように、八つの小藩が点在しているような状態にありました。

大分がこのような形で小藩に分断されたのは、やはり当時豊後国を治めていた大友家の衰退と滅亡が主な原因と言えるでしょうね。
詳しく述べるまでもありませんが、戦国時代、豊後には大友義鎮こと大友宗麟という一大人物が九州各地に大きく領土を拡大して君臨していましたが、宮崎から北上してきた島津家との戦いに敗れた後は、完全に精彩を失いました。
豊臣秀吉の軍門に下り、最終的に大友家は滅亡の途を歩みます。
もし、大友家が薩摩の島津家のように、戦国から江戸にかけて大きな勢力を維持できていたとしたならば、江戸時代の豊後の国は大きく様変わりしたかもしれません。

さて、今回、私が訪れたのは、大分県杵築市、つまり松平家3万2千石の城下町があった場所です。
私も杵築を訪れて初めて知ったのですが、杵築の城下町は、非常に変わった形態をしています。
地元の案内板曰く、「サンドイッチ型城下町」という形です。

杵築の町を訪れて、まず初めに「きつき城下町資料館」を見学したのですが、そこで城下町の模型を見て、ガイドの方の説明を聞き、初めて杵築が「サンドイッチ型城下町」と呼ばれている所以が分かりました。
杵築の城下町は、城下町を作る際、城の南にある東西に流れていた川を埋め立て、そこに商人たちを住まわせました。
そして、武士たちはと言うと、川を挟んだ南北の高台に屋敷を構えました。
つまり、埋め立てた川の谷あい部分に商人街を作り、まるで商人たちを見下ろすかのように、そして挟み込むかのように、南北の高台に武家屋敷を作ったのです。
このような城下町の形態が、いわゆる「サンドイッチ」のように見えることから、杵築は「サンドイッチ型城下町」と言われているのです。

なかなか文章のみで表現するのは難しいですが、このような形で城下町を作ったため、杵築の街は、今でも急坂が多く残っています。
それらは旧城下町の名残りと言うべきもので、つまり、武士たちが住んでいた高台から、商人たちが住む、川の埋め立て地に降りるための坂が自然と必要だったというわけです。
それら杵築の坂は、現在は重要な観光資源となっており、「塩屋の坂」や「酢屋の坂」といった風に、坂に名前が付けられ、観光名所になっています。

14380546623540.jpg

さて、写真ですが、これは「塩屋の坂」から「酢屋の坂」を見下ろして撮影したものです。
圧巻の景色ですよね。
写真を撮影したのは城下南側の高台からで、真ん中に写っている道路が旧商人街、そして対岸の坂が「酢屋の坂」と呼ばれるもので、その坂を登ると、北側の武家屋敷に辿りつきます。

私自身は「小京都」という言葉が余り好きではありませんが(全国に小京都が多すぎますよね・苦笑)、杵築の城下町散策は、他の城下町散策と比べても、視覚的にも、そして肉体的にも(笑)、とても味わい深いものになりますよ。

【2015/07/28 12:41】 | 旅行
トラックバック(0) |
私はマラソンが大好きです!

と、言っても、走るのが好きなのではなく、観るのが大好きなのです。
テレビのマラソン中継は必ず見ますし、また、毎年大阪で行われる「大阪女子マラソン」は、必ず沿道まで応援しに出かけます。
私自身、子供の時分からマラソンを見るのが大好きだったのですが、当時活躍していた瀬古利彦さんや宗茂さん、猛さんの宗兄弟に憧れて、中学生の時は陸上部に入ったくらいです(笑)。

マラソンと言えば、日本のお家芸とまで言われた陸上種目ですが、昨今の男子マラソン界は高速化が進み、今や世界記録は2時間2分台に突入し、世界の強豪に立ち向かえる日本の男子選手が少なくなったのはとても残念ですね……。
日本の女子マラソン界も、高橋尚子さん、野口みずきさんというオリンピックの金メダリストが続けて出たのを頂点に、その後は完全に低迷が続いています。
ただ、女子マラソンは、前田彩里さん(ダイハツ)という新星が登場し、もしかすると次のリオ五輪では、久しぶりにメダルが取れるかもしれませんよ。
私はこの選手にかなり期待しています(^^)

さて、話を再び男子マラソンに戻しますが、先日、

陸上競技社編『マラソン哲学 ~日本のレジェンド 12人の提言~』

という本を買って読みました。
マラソン界に名前を刻んだレジェンドと言われる12人の元選手・関係者が、自らのマラソン人生を振り返ると共に、2020年の東京オリンピックに向けての提言等を書いた本なのですが、とても面白く読みました。
特に、世界のトップで活躍した瀬古さんや宗兄弟、中山、森下といった人達の話は、とても興味く読みました。

少し話がそれますが、皆さんはご存知ですか?
今、男子マラソンの日本記録(歴代最高記録)である2時間6分16秒は、元カネボウの高岡寿成さんが出した記録なのですが、何とその記録は、2002年10月に出たものです。
つまり、もう13年間も日本記録は破られていないということです。
また、ついでに書きますと、フルマラソンを走る上で、とても重要な記録となる陸上男子1万メートルの日本記録(27分35秒09)も、同じく高岡さんが持っているのですが、その記録はもっと古く、2001年5月のものなのです。
日本記録が十年以上も破られていないなんて、ほんと驚きですよね。

ちなみに、陸上男子1万メートルの日本歴代2位の記録は、マラソンランナーとしても有名な元ダイエーの中山竹通さんが出した27分35秒33ですが、この記録にいたっては、何と驚くなかれ、1987年7月に出された記録なのです。
つまり、30年近く前に出された記録が、今をもってして日本歴代2位の記録であり、その記録さえも今の現役選手は抜くことすら出来ていないというわけです。
これをもってしても、いかに日本の男子マラソン界が長らく低迷しているのかがよく分かります。
(逆に、それだけ中山さんが偉大なマラソンランナーだったことを証明しているとも思います)

現在は、「最強の市民ランナー」と呼ばれている川内優輝さんが、サブテン(フルマラソンで2時間10分を切ること)を何度も達成したとニュースになっていますが、世界のトップクラスの記録が2時間2分台から5分台に入っていることを考えれば、サブテンでは最早世界とは勝負にならない時代になっています。
瀬古さんや宗兄弟、中山さん、谷口さん、森下さんのような、世界に通用する強いマラソンランナーの出現を望んでなりません。

【2015/07/22 12:14】 | 読書感想
トラックバック(0) |
歴史とは全く関係のない本ですが、ミスター高橋さん(以下、敬称略)の

『悪役レスラーのやさしい素顔』(2015年3月、双葉社刊)

を図書館で借りて読みました。
私のような40代の男性にとって、ミスター高橋と言えば、「懐かしい」と思われる方も多いのではないでしょうか。
ちなみに、私は金曜8時に放映されていたプロレスの生中継を熱心に見ていたど真ん中世代です(^^)

ミスター高橋は、長く新日本プロレスのレフェリーを務められた方です。
アントニオ猪木がまさに全盛だった1970年~80年代にかけて、ビッグマッチはだいたいこの方がレフェリーをされていましたよね。

ミスター高橋は、既にレフェリーを引退していますが、2001年12月、彼はプロレス界に衝撃が走る本を書きました。

『流血の魔術 最強の演技』(すべてのプロレスはショーである)

これがその本のタイトルです。
いわゆるプロレスの内幕を描いた暴露本なのですが、私はこれを読んだ時、ほんと大きな衝撃を受けました。
ミスター高橋は、元レフェリーの立場から、そしてマッチメイカー(試合を組む責任者)だった立場から、全てのプロレスの試合にはシナリオがあり、最初から勝敗が決まっていたと、この本の中で告白したのです。

私は、この本を読んで、ほんと驚きました。
あの熱狂して見ていた名試合の数々は、全て作らたものだったとは!
私自身、歳を重ねるごとに、プロレスというものが完全な真剣勝負ではないことを分かってはいましたが、それでもここまで綿密にシナリオが作られていたということに驚いたのです。

この『流血の魔術』は、プロレス界でも物議を呼び、著者のミスター高橋はプロレス関係者から大批判を受けたのですが、この本の中でも書かれてあるとおり、プロレスに関して言えば、もう全てをカミングアウトする時期が来ていたようにも思いますね。
プロレスブームが去り、K-1やPRIDEのような総合格闘技が生まれ、そしてそれ自体も衰退してしまった今となっては、プロレスに真剣(ガチ)勝負を求める時代では無くなったような気がします。

そんな訳で、ミスター高橋の本については、その後もよく読んでいるのですが、今年出版された『悪役レスラーのやさしい素顔』は、70~80年代にかけて、新日本プロレスで悪役を演じた外国人レスラーの素顔や裏話が満載で、当時プロレスをテレビにかじりついて見ていた世代の人間にとっては、とても面白く、そして懐かしく読めます。

最近、妙に昭和が懐かしく感じてしまうのは何故でしょうか……。
歳のせいなのでしょうが、平成になって以後、世の中が大きく変わったと言うよりも、人の心が大きく変わってしまったような気がしますね。
何と言いますか、人の心自体に余裕が無くなり、何だかせせこましくなったような気がしてなりません。
あの昭和のゆったりと流れていた時間が、とても懐かしく感じられてなりません。

【2015/07/02 12:39】 | 読書感想
トラックバック(0) |