西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2年後の平成30年(2018年)は、明治維新から数えて150年目の節目にあたる年です。
 明治維新150周年を迎えるにあたり、鹿児島県では明治維新に関連する様々な事業やイベントが予定されているのですが、その一環として、この度『明治維新と郷土の人々』という冊子が発行されました。

meijiishin.jpg

 現在、私も読んでいる最中ですが、『明治維新と郷土の人々』は、薩摩藩の明治維新を新たな視点で捉えた良書です。
 薩摩藩の学問的背景に始まり、職制などの制度、そしてこれまで余り語られることのなかった武士以外の人々の生活や暮らしまで、とても幅広い範囲で記述され、そして分かりやすくまとめられています。
 この一冊を読めば、「薩摩藩のことが分かる」と言っても過言ではないくらいの仕上がりとなっています。

 特に、薩摩の市井(しせい)の人々に着目し、薩摩に暮らした女性や子供についての記述があるのは、特筆すべき点ではないかと思います。
 鹿児島は「男尊女卑」がとても厳しい土地柄であったと言われることが多く、薩摩藩の女性史に関して言えば、どちらかと言えば疎かにされていた面があったかと思いますが、『明治維新と郷土の人々』では、「明治維新と女性」という大項目を設け、薩摩に生きた女性たちのことや女性教育についても詳しい記述がなされています。
 また、『明治維新と郷土の人々』は、引用されている史料や図も非常に豊富なのも特徴の一つです。
 特に若い世代の方々が読みやすいよう配慮された内容となっていることも特筆すべき点ではないかと言えます。

 『明治維新と郷土の人々』は、インターネット上でも閲覧が可能です。
 下記URLからPDFファイルでダウンロードも可能となっていますので、是非一読をお勧めいたします。

明治維新150周年記念事業『明治維新と郷土の人々』について
https://www.pref.kagoshima.jp/aa03/kensei/sesaku/project/m150kyodonohitobito.html
スポンサーサイト

【2016/05/20 12:58】 | 幕末・維新
トラックバック(0) |
本日、ホームページを更新しました。
ものすごく久しぶりと言いますか、約7~8年ぶりの更新です。

私にとってこの約8年間というのは、大きな転機となったことは確かです。
7年前に思いもかけない形で心臓に難病が見つかり、長期入院したのをきっかけに、一度その病気が原因で死の淵を彷徨うことにもなり、自分で振り返っても、ほんと大変な年月だったなと思います。

これは言い訳にしか過ぎませんが、このような状態であったことから、正直、ホームページの更新まで気が回りませんでした。
なかなかやる気が起こらないと言いますか、ホームページ用の文章はいくつも出来上がっているのに、更新の作業をすることが、一種億劫になっていたような気がします。

おそらく気持ちの問題なのでしょうね。
心に余裕が無いと、他のことに気が回らなくなると言いますか。
そう考えると、改めて「健康」って大事だことだな、と思います。
健康であるか否かによって、人間のモチベーションは、自ずから変わってくるものでしょうから。
また、私のように元気で飛び跳ねていた人間が、急にそういう状態に陥ることになるのですから、人生ってほんと不思議なものです。

と、何だか暗い話になってしまいましたが、私もそう悲観的には捉えておらず、毎日前向きに過ごしておりますのでご心配なく(^^)

さて、今回、ホームページ内にアップしたのは、下記の4つの内容です。


テーマ随筆第16回「征韓論について(前編)及び(後編)」
我が愛すべき幕末第22回「大政奉還について」
西南戦争の十一人第6回「天性の軍略家・野村忍介」
走れ!吉之助「使徒襲来―ドリンクバーを巡る攻防戦」


いずれも随分以前に書き終えていたものばかりで、征韓論からドリンクバーで起こった事件のことまで、硬軟入り混ぜていますが、ご興味のあられる方は是非お読み頂けると嬉しいです。

【2016/05/02 19:18】 | 西郷隆盛
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。