西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 鹿児島出身の歴史作家・海音寺潮五郎氏の名著『史伝 西郷隆盛』が、2月に文春文庫から復刊されます。
 おそらく来年のNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』を見越しての復刊だと思いますが、長らく絶版になっていたので嬉しい限りです。

 この度復刊される『史伝 西郷隆盛』は、岩波書店発行の雑誌『世界』に、昭和36年1月号から昭和37年4月号まで連載されたものをまとめたもので、これまでに旺文社文庫と文春文庫から刊行されました。
 前回、文春文庫から再刊されたのは、同じくNHK大河ドラマ『翔ぶが如く』の放映が決まった時のことでしたので、25年以上の時を越え、今回も同じような形で復刊されるということです。

 『史伝 西郷隆盛』は、いわゆる海音寺氏の遺作となった、大長編史伝の『西郷隆盛』(朝日新聞社刊。全九巻)とは別の作品ですが、その基礎になったものだったと言えます。
 海音寺氏は、『西郷隆盛』(朝日新聞社刊)第一巻の「あとがき」の中で、


「作家は小説でも、年が立てば書き直したくなるものですが、史伝はとくにそうです。史伝は一面から言えば研究ですから、研究が進むにつれて、どうしても考えがかわって来ます。書き直さざるを得ないのです」


 と書かれていますが、「史伝は一面から言えば研究である」というスタンスを生涯貫き通されました。

 史伝文学とは、作中に一切のフィクション(虚像)を交えず、史実(歴史上の事実)のみを徹底的に追求することによって成立する文学形式です。
 史伝は一般的な小説とは異なり、一度完成してしまえばそれで終わりというわけではなく、新たな史料の発見や作者自身の人生経験の積み重ねによる、考え方や解釈の変更などが生じた際には、書き直しが必要となる文学と海音寺氏は定義付け、自身の西郷隆盛に対する研究が深まるにつれ、自身の史伝作品を何度も何度も書き直されました。
 つまり、海音寺氏の描く『西郷隆盛』という史伝は、まるでワインのように、時が経つにつれ、熟成されていった作品群だと言えるのです。
 このような海音寺氏の史伝に対する真摯な態度とそれにかける情熱が、最終的に大長編史伝『西郷隆盛』(朝日新聞社刊。全九巻)へと結びついていくわけですが、その基礎になったとも言える作品が、今回復刊される『史伝 西郷隆盛』です。

 『史伝 西郷隆盛』は、西郷家の始祖・菊池家にまつわる話から始まり、西郷隆盛の誕生、永遠の師である藩主・斉彬との出会い、将軍継嗣問題への奔走、そして僧・月照との自殺未遂を経て、奄美大島への潜居に至るところで話が終わります。西郷の前半生が詳しく、そしてダイナミックに描かれており、西郷のことを知らない一般の方に対しても、読みやすくそして分かりやすい作品に仕上がっています。
 来年の大河ドラマ『西郷(せご)どん』の予習にもなると思いますので、今回の復刊を機に、是非一読をおすすめします。

14859294750570.jpg
(以前に刊行されていた『史伝 西郷隆盛』二冊)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2017/02/01 18:00】 | 西郷隆盛
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。