FC2ブログ
西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます     (大河ドラマ『西郷どん』の解説も是非お読みください)
前回の続きで、今回が完結編です。

前回は、島津豊後の達書から、安永3(1774)年に穆佐(むかさ。現在の宮崎市高岡町)の悟性寺から遺骨が発掘されたが、それを島津久豊の物と断定することが出来なかったため、遺骨を元通りに埋め戻して石碑を建てた事実があったこと。
さらに、その約70年後の天保12(1841)年に同じく悟性寺から義天(久豊のこと)の二文字が刻まれた石塔が発掘されたことを機に、「やはり悟性寺が久豊の墓所なのではないか?」との説が再燃したが、久豊が逝去した場所が鹿児島であったことなどから、薩摩藩は「久豊の墓所は鹿児島の福昌寺に相違ない」と、結論づけたことまでを書きました。
しかしながら、同達書を読み進めると、久豊の墓所を巡る真贋論争は、その後も薩摩藩内で決着をみなかったことが分かります。

まず、同達書には、「右甚太夫掘出候御石塔片付方之儀、去ル丑年所役々得差図候付」と、薩摩藩が「天保12(1841)年に相良甚太夫が掘り出した石塔を片付けるよう、去る丑年に諸役所へ指図した」との文言が出てきます。
この「去る丑年」とは、前後の記述から判断すると、天保12(1841)年の丑年を指しているのではなく、その12年後の嘉永6(1853)年の丑年、つまり島津豊後の達書が出される3年前を指しているものと思われます。

同達書によれば、その際、藩は糺方(いわゆる調査官)として、上村休兵衛榎本新兵衛の二人を悟性寺に派遣し、石塔を再調査させています。
その時の調査結果が同達書内に記されていますが、それは次のようなものです。

「古代之墳墓と相見得候得共、多年埋居、諸所蝕損、文字聢と分兼候儀共有之、今更決着難致(古代の墳墓であると見受けられるが、長年埋没していたことから、石塔は所々浸蝕され、破損しており、文字もはっきりと分からないため、今さら決着するのは難しい)」

つまり、二人は藩に対して、「再度調べてはみたが、久豊の墓所を示す石塔であるかどうかは分からない」と報告したわけです。

そしてまた、二人は安永3(1774)年に発掘された遺骨もその時併せて調べたようです。
それに関しても次のように同達書に書かれています。

「安永之度掘出候骸骨之儀も旧記等相糺候得共不相知、右枯骨は全体相備居、頭骨大振りニ相見得、土葬之取置ニ有之」

つまり、「安永期に発掘された遺骨についても、古文書などで調べてみたがよく分からない。また、その遺骨は全体的に揃っており、頭蓋骨も大きなまま残されているところを見ると、土葬されたものであると思われる」ということです。
この「遺骨が土葬されたもの」という事実が、実は久豊の遺骨の真偽を決定づける重要な証拠となりました。
同達書は次のように続きます。

御元祖様より
實陽院様迄
御代々火葬被為執行候御事候処、右通土葬之取置、付ては旁以
義天様御遺骸ニては有之間敷

つまり、

「元祖様(島津家初代・忠久のこと)から實陽院様(島津家第19代・光久)まで、死後は代々火葬にしているが、安永3(1774)年に悟性寺から発掘された遺骨は土葬のものである。よって、その遺骨は久豊公のものではないと思われる」

ということです。
久豊の遺骨かどうかを判断するために、歴代当主の遺体の埋葬方法から判断しているあたり、大変興味深い事実です。
このように、安永3(1774)年に発掘された遺骨については久豊の物ではない、ということが粗方分かりましたが、天保12(1841)年に発掘された石塔については、久豊の墓所を示すものかどうかは結局分からなかったのです。

また、同達書によると、「遺骨が埋葬されている場所(つまり悟性寺のこと)が日向伊東家ゆかりの由緒正しき寺院であり、遺骨については埋葬方法も念入りで、とても一般人のものとは考えられないこと」などから総合的に判断した結果、

「是以彼是今更御治定難被成趣共申出(これをもって、かれこれ今さら決定するのは難しいとの申し出)」

というのが、調査の結論でした。
つまり、完璧な確証が得られない以上、結論は出せないということです。

以上のように、嘉永6(1853)年になっても、久豊の墓所を巡る論争は、またも振り出しのような様相を呈したため、その3年後の安政3(1856)年、ようやく藩はある決断を下しました。
同達書には、次のようにあります。

「是迄数十年御糺方有之候上之事候間、最早此末御証拠等慥ニ可相顕訳迚も無覚束、無是非御次第(これまで数十年に渡って調べてはきたけれども、最早こうなっては確かな証拠が出てくることも覚束なく、もう是非も無い次第である)」

つまり、「これまで数十年に渡り続いている、久豊の墓所に関する真贋論争は、最早意味が無い」ものとしたわけです。

これまで島津豊後の達書を元に、久豊の墓を巡って生じた出来事を時系列に沿って書いてきました。
それは同達書の前半部分が、久豊の墓所論争の経緯に言及したものであったからですが、実はこの達書が出された目的、つまり本論はその後半部分にあります。
前述のとおり、薩摩藩は久豊の墓所が鹿児島の福昌寺なのか、それとも日向高岡の悟性寺なのかを数十年に渡って調べてきましたが、悟性寺論を完全に否定出来るだけの材料に乏しかったことから、なかなか結論を出すことが出来ませんでした。
そのため、薩摩藩はこのままズルズルと論争が長引くことを良しとせず、この事態を終息させるための四つの解決策を示すことにしました。
前述のとおり、同達書は安政3(1856)年1月21日付けで書かれたものですが、この日は久豊の命日です。
つまり、島津豊後の達書が出された真の目的とは、久豊の命日にあたり、その墓所論争を終息させるためであったのです。

それでは、同達書から、藩が示した四つの解決策をここで抜き出してみます。

まず、一つ目。

「前条掘出候石塔は、此節発遣之上文字摺消、後年紛敷無之様、寺内江堀埋候」

つまり、「天保12(1841)年に発掘された石塔は、後年紛らわしいことがないように、彫刻された義天の文字を削って消し、寺の敷地内に埋める」ということです。
もし、後年またその石塔が発掘された際、「久豊の墓所を示す石塔ではないか?」と勘違いされることがないように、誤解が生じる「義天」と刻まれた文字を削って、寺の敷地内に埋めることにしたのです。
また、藩は安永3(1774)年に遺骨が発見された際に建てた石碑に関しても、「故障之儀も有之候間、取除」と、合わせて取り除くことを決定しました。

そして、二つ目。

「悟性寺之儀は、為御菩堤所御再興」

つまり、「悟性寺は久豊の墓所ではなく、菩提所として再興する」ということです。
墓所と菩提所の違いが私にはよく分かりませんが、藩はそれを明確に違うものと位置づけたのでしょう。
「菩提を弔う=墓がある」とは限らない、という理屈からでしょうか。
つまり裏を返せば、「久豊の墓所は鹿児島の福昌寺である」ということを明確にしたということです。

そして、三つ目。

「此節別段御石塔一基御建立」

文字通り「この節、別に石塔を一基建立する」ということです。
安永3(1774)年に建てた石碑と天保12(1841)年に発掘された石塔を取り除くにあたり、藩は新しい石碑を建立することにしました。
現在、宮崎市高岡町に遺されている「島津久豊の墓」と呼ばれる石塔(画像)は、この新規に建てられた石塔を指すものと考えられます。

15604108668030.jpg
島津久豊の墓(宮崎市高岡町)

また、同達書には、「穆佐中は勿論一統奉尊信、御祭式等是迄之通入念執行いたし候様被仰付候」とあり、藩は地元高岡郷の人々に対し、その石塔を敬い奉り、祭式などもこれまで通り入念に行うよう併せて命じることを決定しました。

そして、最後の四つ目です。

「枯骨之儀は前条通慥成証拠無之候付、右之処江瘞骨塔と銘文彫刻之石被建置候」

つまり、「安永3(1774)年に発掘された遺骨については、確かな証拠は無いので、瘞骨塔(えいこつとう)と銘文・彫刻した石塔を建立し、そこに納骨する」ということです。
現在、宮崎市高岡町に遺されている「瘞骨塔」(画像)は、安永3(1774)年に発掘された遺骨を納めるために、この時、新たに建てられた石塔であったということです。

15601300792964.jpg
瘞骨塔(宮崎市高岡町)

ここで話をまとめると、島津久豊の命日にあたる安政3(1856)年1月21日、薩摩藩の城代家老・島津豊後は達書を出し、これまで数十年に渡り決着がつかなかった「久豊の墓所に関する真贋論争」を終息させようとしました。
薩摩藩は、高岡の悟性寺を久豊の墓所ではなく、菩提所として位置づけ、新たに石塔一基と瘞骨塔と銘打った石塔を建立することを決定しました。
現在、宮崎市高岡町に遺されている二つの石塔は、以上のような理由から建てられたものであったのです。
(1)で書きましたが、瘞骨塔の裏面には「安政四年丁己九月二十四日建之」との文字が刻まれています。
つまり、島津豊後の達書が出された約一年半後の安政4(1857)年9月24日に、二つの石塔は建立されたということです。
そして、瘞骨塔には、安永3(1774)年に発掘された遺骨を納骨しました。
また、その際に、島津豊後の名で灯籠が寄進されたことは言うまでもありません。

これまで全三回に渡って書いてきましたが、応永32(1425)年に亡くなった久豊の墓が430年以上も経った安政4(1857)年に宮崎市高岡町に創建されたのは、それまでに長く続いていた墓所の真贋論争を終息させる意味があったということです。
このような経緯や理由を知った上で、現在の「島津久豊の墓」を見ると、また少し違った感慨が沸いてくるような気がします。
是非、宮崎市に史跡巡りに行かれた際には、郊外の高岡町まで足を延ばし、島津久豊の墓を見て頂ければと思います。
私も今年の夏、宮崎に帰省した際には、再度久豊の墓を訪ね、もう一度じっくりと見学したいと、今ではそう思っています。

(終わり)

(追記)
1.島津久豊が亡くなった場所について
前述しましたが、現在、宮崎市高岡町の「島津久豊の墓所」に設置されている案内板には、「(久豊は)応永32年(1425年)、穆佐城に51歳で逝去しています」とあり、また、喜田貞吉『日向國史』上にも、「同三十二年正月二十一日、久豊穆佐城に卒す、年五十一」と同様の記述があります。
しかしながら、島津豊後の達書には、

「義天様御事、於鹿兒嶋御逝去」

との文言があり、久豊が亡くなった場所を鹿児島とし、そしてその理由から、久豊の墓所は鹿児島の福昌寺だと結論づけています。

また、先日、Twitter上において、『室町期島津氏領国の政治構造』(戒光祥出版、2015)の著書・新名一仁先生から、「應永記」にも久豊が鹿児島で亡くなったとの記述があることを教えて頂きました。
『鹿児島県史料 旧記雑録前編』二を調べると、確かに久豊は日向から鹿児島に帰城後、病が重くなって亡くなったようです。
以上のような点から、久豊は鹿児島で亡くなったと解釈する方が適切なのではないかと考えます。

2.鹿児島への合葬について
同じく、現在、宮崎市高岡町の久豊の墓所に設置されている案内板には、「遺骨は昭和になり島津氏によって発掘され、鹿児島に葬られています」とあります。
つまり、瘞骨塔に納められた遺骨は、鹿児島に葬られたということです。

ただ、ここでまたもや一つの疑問がわきます。
本文中にも書きましたが、瘞骨塔に納められた安永3(1774)年に発掘された遺骨は、基本的に久豊の物であるという証拠に乏しく、つまり「誰のものであるか分からない」というのが、藩が最終的に下した結論でした。
では、昭和に入り、島津家によって発掘されたその遺骨は、鹿児島のどこに埋葬されたのでしょうか?
福昌寺にある久豊の墓に合葬されたということでしょうか?
それとも、別の場所に埋葬されているのでしょうか?
もし、今回のような経緯を考慮せずに、久豊の墓に合葬したのであれば、現在、久豊の墓には、別人の遺骨が混ざっている可能性があるということです。
瘞骨塔に納められた遺骨は、最終的にどうなったのか?
この点について何かご存じの方は、向学のため、是非ご教示ください。


FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/06/16 15:45】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |
前回の続きです。

前回は、宮崎市高岡町島津家第8代当主・島津久豊の墓があり、その墓が安政4(1857)年に創建されたものであることまでを書きました。

15601300410591.jpg
島津久豊の墓(宮崎市高岡町)

久豊は中世期(室町時代)の武将であり、薩摩・大隅・日向の三ヶ国の守護を務めた人物ですが、その久豊の墓が400年以上も経過した幕末期、しかも島津斉彬の治世に建てられたことに疑問を持った私は、大阪に帰ってから、その理由について、改めて調べてみました。

島津斉彬に関する史料については、斉彬の旧臣であり、後年島津家関係の史料編纂に力を尽くした市来四郎という人物が「斉彬公史料」としてまとめています。
後年、鹿児島県が『鹿児島県史料 斉彬公史料』として活字化し、全四巻にまとめてそれを刊行していますが、この『斉彬公史料』は斉彬研究、ひいては薩摩藩研究のための基礎史料というべきものです。
宮崎から大阪に帰った私は、本棚からその『斉彬公史料』を取り出し、幕末期に島津久豊の墓が創建された理由について書かれたものがないかを調べたところ、同史料の第三巻に、

「島津久豊墓所について家老達 安政三年正月二十一日」(文書番号五九五)

という文書が収載されていることに気付きました。(『鹿児島県史料 旧記雑録追録』八にも同様の文書が入っています)

同文書は、題目にあるとおり、安政3(1856)年1月21日付けで発信された、島津久豊の墓所に関する薩摩藩家老からの達書(書面による申し渡し)ですが、宛名は「御記録奉行江」とあり、発信者は「豊後」と書かれています。
つまり、豊後とは、前回紹介した薩摩藩家老の島津豊後久寳(久宝。ひさたか)のことです。
島津豊後は斉彬時代の城代家老であり、久豊の墓所に設置されている灯籠に、その名が刻まれていたことは前回書きました。

では、島津豊後は記録奉行に対し、島津久豊の墓について、当時どのようなことを申し渡したのでしょうか?
この達書には、宮崎の高岡に島津久豊の墓が創建された経緯やその理由等が事細かく記されており、興味深いものですので、今回はその島津豊後の達書を元にして、「島津久豊の墓がなぜ幕末に建てられたのか?」について紹介したいと思います。

まず、島津豊後の達書は、次のような文言から始まります。(同達書は全て『斉彬公史料』三から引用します)

御八代
久豊公御事、應永三十二年正月廿一日被遊御逝去、義天存忠大禪定門と奉号候処、御遺骸御葬埋之地不被遊御知、安永三年穆佐悟性寺境内
義天様御塚と申伝之場所より、骸骨相蔵居候大甕掘出、焼物之香炉一器・唐金之鈴一入付有之、至極疑敷、細密相糺候得共、証拠可相成廉無之、御遺骸と難見定候付、本之通致埋方、其節石碑被建置


文頭には前回紹介した内容、つまり島津久豊が島津家第8代の当主にあたり、応永32(1425)年1月21日に亡くなったこと、そして、久豊の法号が「義天存忠大禪定門」であったことが記されていますが、注目すべきは「御遺骸」から以降の部分です。
概略すると、次のようなことが書かれています。

「久豊公のご遺骸が埋葬された地は知られていなかったが、安永3(1774)年に穆佐(現在の高岡町)の悟性寺の境内にある、義天様(久豊のこと)の塚と伝わる場所から、遺骨の入った大甕や香炉、鈴が出土した。しかし、それは大変疑わしいものであり、精査して調べてみたが、証拠となるようなものは無く、久豊公の遺骨とは認められなかったため、遺骨は元通りに埋め戻し、その際に石碑を建立することにした」

つまり、安永3(1774)年に高岡の悟性寺から、久豊の遺骨らしき物が発見されたが、当時薩摩藩はその遺骨を久豊の物とは認めず、それを元に埋め戻した事実があったことが記されているのです。

また、これは後日のことですが、高岡町発行の『高岡町史』を調べたところ、この安永3(1774)年の遺骨発掘の件について、「國史 義天公 大岳公」という文書内に同様の記述があることを知りました。
そこで久豊時代のことが記されている『鹿児島県史料 旧記雑録前編』二を調べたところ、確かに次のような記述がありました。

「安永三年春正月、有堀地於悟性寺界内者、入七尺、得石槨、中有大甕、枯骨存焉、邑人皆意為義天公墓、(中略)、悉如邑人状、然無銘誌、名字世代不可得而知也、因命寺僧、仍其故處、営歛座埋、立石為表」(「國史 義天公 大岳公」文書番号1036)(附記・國史とは『島津國史』のことです)

概略すると、「安永3(1774)年正月に悟性寺の境内から大甕に入った枯渇した骨が見つかった。村人は皆「義天公(久豊)の墓」だとしたが、それは無銘で年代もよく分からないものであったため、寺僧に命じて埋め戻させ、そこに石碑を建てた」ということです。
つまり、島津豊後の達書内に出てくる安永3(1774)年の遺骨発掘の件については、ここに記された事実を元にして書かれたということです。

また、同文書には、「據島津系圖、義天公木主安置、一在鹿児島恵燈院、一在穆佐悟性寺」ともあり、「島津系図によると、久豊の木像が鹿児島の恵燈院(福昌寺の塔頭)と高岡の悟性寺にそれぞれ一体ずつある」ことが記されています。
これを見る限り、高岡の悟性寺が久豊ゆかりの寺院であったことは間違いはありません。

ちなみに、『高岡町史』は、以前私が宮崎に住んでいた頃、高岡町の「天ケ城歴史民俗資料館」で購入したものですが、買ったはいいものの、それ以来、ほとんど開く機会が無かったのですが、こういう時に役に立つのですから、市町村史や資料集の類いは、気になったら買うべきですね。いつどこで将来役に立つか分かりませんから。

閑話休題。
島津豊後の達書に戻ります。
達書はさらに次のように続きます。

其後天保十二年丑年相良甚太夫穆佐江被差越候節、悟性寺境内より義天之二字彫刻有之候石塔、并右之笠石掘出、旧文書等は勿論、古老之者共申伝等迄も巨細相糺、万端及勘考、義天様御廟所無相違旨吟味申出候

概略すると、

「その後、天保12(1841)年に相良甚太夫が穆佐に赴いた際、悟性寺の境内から「義天」の二字が刻まれた石塔と笠石が発掘された。古文書類はもちろん、古老の口伝なども詳しく調べあげ、勘考したところ、悟性寺は久豊公の廟所(墓所)に違いないと思われるので吟味して欲しいとの申し出があった」

ということですが、この辺り、なかなか面白いですね。
安永3(1774)年に遺骨の入った大甕が発掘された際には、それは久豊の物ではないと否定され、遺骨は元通り埋め戻されましたが、その約70年後の天保12(1841)年に、今度は「義天」という、久豊を指す文字が刻まれた石塔が発掘されたことを機に、「悟性寺が久豊の墓所なのではないか?」という説が再燃したというのです。

しかしながら、同達書によると、このような報告が現地からなされてもなお、薩摩藩内においては、「悟性寺が久豊の墓所であるという説」に関して懐疑的であったようです。
その根拠が同達書内に長々と記されていますが、概略すると、次の3つの理由からです。

1.久豊は鹿児島で亡くなっており、葬儀も島津家の菩提寺である鹿児島の福昌寺で行われている。また、久豊の四十九日から十三回忌法要まで、法事は全て福昌寺で執り行われ、その時の祭文も残っている。
2.「義天」の二文字を彫刻した石塔は他所にも見られる。
3.福昌寺に相廟されている(共に葬られている)先代(第7代当主)の元久(久豊の兄)の石塔に遺骨や遺髪が納められているかは定かで無いが、久豊の石塔には疑念は見当たらない。(注・福昌寺跡に建立されている久豊の墓は、元久の墓のすぐ横に建てられている)


このような理由から、この時は「御廟所は福昌寺ニ相違無之哉ニ相見得候段、御記録奉行申出、御決着調兼」との結論に達したと、同達書に記されています。
つまり、「墓所は鹿児島の福昌寺に相違ないと思われることを記録奉行に申し出て、調べに決着をつけた」という意味であり、「悟性寺が久豊の墓所なのではないか?」という説は再度否定され、この時、一応の決着が付けられたのです。

以上のように、島津豊後の達書を読むと、安永3(1774)年、天保12(1841)年の二度に渡り、薩摩藩内で「久豊の墓所を巡る真贋論争」が生じていたことが分かります。
久豊の墓所の場所に関して、それを示す証拠となる文書が藩内には一切残っていなかったため、藩内で真贋論争が生じたと言えますが、実はその後、話はまた二転三転することになるのです。

(3に続く)


FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/06/13 18:30】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |
国富町の本庄を後にして次に向かったのは、宮崎市高岡町小山田にある「島津久豊の墓」です。

島津久豊という名を聞いて、「関ヶ原の戦いで戦死した武将」と勘違いされる方がいるかもしれませんが、それは島津豊久の誤りです。(実は、久豊にも豊久という子供がいますが、それはまた別人です)
島津豊久は島津家第15代・島津貴久の四男・家久の子で、後に日向の佐土原城主となった人物ですが、関ヶ原の戦いにおいて、叔父の義弘を助けるべく奮戦し、そして戦死しました。その結果、佐土原は一時期幕府領となりますが、最終的には貴久の弟・忠将の子の以久(もちひさ)、つまり豊久から見ると父の従兄弟にあたる人物が受け継ぐことになります。
このように、島津豊久は戦国島津の一ページを彩る武将として有名ですが、他方の島津久豊はと言うと、中世期の武将です。
久豊は島津家第8代当主にあたり、薩摩・大隅・日向の守護を務め、当時奥州家(いわゆる島津宗家)と総州家に分かれて内紛状態にあった島津家中の争いに終止符を打った人物として知られています。

その久豊の墓が宮崎市郊外の高岡町にあるということを、恥ずかしながら、私は今年のゴールデンウィークに入るまで知りませんでした。
実は、その数日前に車で「高岡温泉やすらぎの郷」という温泉施設に行った際、偶然に「市指定史跡 島津久豊の墓」という看板(画像)を目にし、その存在を知ったのです。

15601300277880.jpg

高岡温泉は妻の実家からも近く、宮崎に帰省した折にはよく行く温泉施設だったのですが、こんな近くに島津家関係の史跡があり、それを見逃していたとは……。
まさに「灯台下暗し」とは、こういうことを言うのですね。

その時は既に夕方を過ぎていましたので、久豊の墓には日を改めて訪ねようと考えたのですが、そこで素朴な疑問がわきました。

「島津家当主である久豊の墓が、なぜ日向のこんな片田舎にあるのか?」

私のかすかな記憶では、島津家の菩提寺である鹿児島の福昌寺跡にも久豊の墓があったように記憶していましたので、単純にそう感じたのです。

中世から近世の島津家に関して疎い私は、その日の夜、大阪から持参していた島津顕彰会『島津歴代略記』という小冊子の久豊の項をめくると、久豊が亡くなったのは、豊久の死からさかのぼること175年前の応永32(1425)年1月21日のことであり、鹿児島で歿したとありました。
また、同書によれば、久豊の墓は二つ存在し、

長谷場御墓(福昌寺跡。鹿児島市池之上町)
穆佐小山田御墓(悟性寺跡。宮崎県東諸県郡高岡町小山田)も長谷場御墓へ合葬


との記載がありました。
つまり、後者の「穆佐小山田御墓」というのが、私が看板を見つけた宮崎市高岡町の久豊の墓ということです。(ちなみに、穆佐とは「むかさ」と読みます)

同書には、高岡町の久豊の墓は「長谷場御墓へ合葬」とありますので、遺骨は鹿児島へ移されて、現在は空墓になるわけですが、久豊の墓が高岡町に建てられている由縁も同書を読んで何となく理解しました。
久豊は、当時日向を拠点にして勢力を伸ばしていた伊東氏の抑えのために、穆佐城に入り、伊東氏と交戦していたからです。
つまり、高岡町の穆佐は、久豊ゆかりの地でもあるわけです。

以上のような簡単な予備知識を入れ、私は日を改めて、義父を連れて高岡町の「島津久豊の墓」へと向かいました。
高岡町は現在宮崎市に編入されていますが、江戸藩政時代には薩摩藩領であったところです。
高岡町は日向と薩摩の国境に位置していたことから、そこに麓(武士の集落)が築かれ、「去川の関(さるかわのせき)」と呼ばれる関所を設けて、薩摩への出入国を厳しく取り締まっていました。
余談ですが、若き日の西郷隆盛が藩から僧・月照の国外退去を命じられ、それに絶望して入水自殺をはかったことは有名な話ですが、その際、藩当局は月照一行を去川の関から領外に出し、高岡方面に落ち延びさせることを意図していました。
高岡町は現在も周囲を山に囲まれた片田舎です。
おそらく藩当局は、山深い高岡の地であれば、月照を隠匿出来ると考えたのではないでしょうか。

ちなみに、薩摩藩ではいわゆる「東目送り」と呼ばれる、東目筋(高岡筋)の藩境で罪人を斬る処置があり、この時、西郷は藩から月照を斬れと命じられたという逸話がありますが、これは単なる俗説に過ぎないと私は考えています。
そのことについては、大河ドラマ『西郷どん』の解説ブログ内(下記)で詳しく書きましたので、是非そちらもご覧ください。

『西郷どん』感想&小解説(第17回) ―月照の薩摩入りと西郷の入水―

閑話休題。
前出の『島津歴代略記』にも記されていますが、島津久豊の墓は、高岡の悟性寺という寺院に建てられていたようです。
同書には「跡」とあるように、現在、悟性寺という寺は高岡には存在していません。詳しく調べたわけではありませんが、おそらく明治初年の廃仏毀釈によって、廃寺になったのではないでしょうか。
旧薩摩藩領においては、廃仏毀釈が徹底して行われました。
そのことは、島津家の菩提寺であった福昌寺が取り壊されたことをもってしても、その徹底ぶりがよく分かります。
おそらく悟性寺もまた、その煽りを受け、廃寺となったのでしょう。私が訪れた時は、寺の建物らしきものは一切なく、現在は共同墓地だけが残されている状態でした。

悟性寺跡へと続く長い階段を登り終えると、正面に久豊の墓が見えてきます。(画像)

15601300647773.jpg

15601300410591.jpg
島津久豊の墓(宮崎市高岡町)

墓自体はとても小さなもので、「義天存忠大禪定門」という、久豊の戒名が刻まれていました。
そして、墓の両脇には、いわゆる「丸に十字」の島津家の家紋がついた灯籠があり、そこに刻まれた文字を見ると、「島津豊後久寳」とあり、私は驚きました。(画像)

15601300519562.jpg

島津豊後久寳(久宝。ひさたか)とは、島津斉彬時代の城代家老であり、斉彬の死後は前々藩主の島津斉興によって、主席家老に据えられた重臣です。
島津豊後は、藩内でも保守派、いわゆるお家大事派と呼ばれる代表格の人物で、西郷や斉彬が登場する小説では、必ず悪役としてその名が出てきます。

中世期の武将である久豊の墓に設置された灯籠に、幕末の薩摩藩家老・島津豊後の名が刻まれていることは、私にとって、とても意外なことでした。
そこで墓の脇に設置されている案内板を見ると、「久豊の墓は安政4(1857)年に島津氏によって創建されたもので、その遺骨は昭和になり、島津氏によって発掘され、鹿児島に葬られた」との記述がありました。
つまり、久豊の墓は、幕末の頃、斉彬の治世に建てられたということです。
昭和に入り鹿児島に葬られたというのは、『島津歴代略記』内の「長谷場御墓へ合葬」を指しているものと考えられます。

また、案内板には、久豊の墓の背後、少し小高い丘の上に「瘞骨塔(えいこつとう)」と刻まれた石碑が建てられているとあったため、私はそこへ通じる長い階段を登り、見に行くことにしました。
案内板には「瘞骨塔」の説明が一切書かれていなかったため、どんな目的でこの石塔が建立されたのか、また久豊の墓との関連がイマイチよく分からなかったのですが、瘞骨塔を見てみると、碑の裏面に「安政四年丁己九月二十四日建之」とあり(画像)、瘞骨塔も幕末期に建てられたものであることが分かりました。

15601300792964.jpg
瘞骨塔

15601301017655.jpg
瘞骨塔の裏面

しかし、私は疑問に思いました。

「応永32(1425)年に亡くなった久豊の墓が、なぜ430年以上も経った安政4(1857)年に創建されることになったのか?」

また、しかもその墓は久豊が没した鹿児島ではなく、日向の高岡の地にわざわざ建てられたのはなぜか? ということも同時に気になりました。
案内板によると、久豊は穆佐城で亡くなったとあり、『島津歴代略記』の記述と内容が相違しています。
私はこれらの疑問について、現地ではその答えを導き出せなかったのですが、大阪に戻ってから、少し調べてみると、その謎がようやく解けたのです。

(2に続く)


FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/06/10 17:30】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |
宮崎は、私にとって第二の故郷とも言える街です。
私は大阪生まれの大阪育ち、厳密に言えば、出生地は母の故郷の香川県小豆島なのですが、当時、母は大阪に住んでおり、帰省しての出産でした。
そんな大阪で生まれ育った私が、大阪を出て初めて移り住んだところが宮崎県でした。
2005年4月から宮崎で過ごした3年間は、今でも忘れられない貴重な時間となり、今では宮崎に対してとても愛着を持っています。

宮崎は素晴らしいところです。
まず、食に関して言えば、肉・野菜どれをとっても新鮮なものが溢れており、そして美味しい。
また、物価や家賃も安く、経済的にとても暮らしやすい土地です。
レジャー関連でいえば、温泉が県内各所の至る所にあり、入浴料も低価格で湯質も良い。
自然は一杯で風光明媚、空気は澄んでおり、なおかつ一年中温暖な気候なので、毎日清々しい気分で過ごすことが出来ます。
そして何よりも強調したいのが、宮崎の人の良さです。
宮崎の人たちは温和で親切な方が多く、生活するにおいて、とても過ごしやすいです。
私が育った大阪では、仕事においても、対人間関係で苦労することがしばしばありましたが(苦笑)、宮崎に行って実感したことは、宮崎には温厚でかつ性根の優しい人が多いということでした。
かつて私が宮崎に住んでいた頃、人間関係で嫌なことは一度も無かったと言えるくらい、とても住みやすかったという記憶しかありません。
宮崎は本当に最高の場所なのです。

と、宮崎自慢はこれくらいにしておいて(笑)、こんな風に宮崎が第二の故郷と自負する私は、毎年、ゴールデンウィーク、お盆、正月の三回は宮崎市に帰省し、妻の実家で過ごすのですが、その間は宮崎を中心にして、鹿児島などの南九州の史跡巡りによく出かけます。
私のパートナーは、誰あろう元高校教師の義父なのですが、今回も義父を連れて、宮崎市周辺の史跡巡りへと出かけました。

今回最初に向かったのは、宮崎県東諸県郡国富町の義門寺です。
国富町は宮崎市の北西部に位置する町ですが、町の中心である本庄と言う場所は、かつて幕府の天領でした。
宮崎という土地は、江戸藩政時代、鹿児島や熊本のように大藩がなく、天領と小藩に分断されていたところでした。
その名残りからか、国富町では現在でも「天領大綱引き大会」なる行事が開かれていますが、かつての町の中心である本庄は、東諸県郡の物流や交通の要衝であり、江戸時代はかなり栄えた土地であったようです。
その本庄に義門寺という小さな寺院があるのですが、ここはかつて羽柴(豊臣)秀吉の「九州征伐」に際し、秀吉の弟・秀長が本陣を構えた場所でした。
本庄史談會編纂『本庄郷土史摘要』には、次のようにあります。

「天正十五年豊臣氏討薩に際し、豊後より島津の兵を追撃しつつ日向に侵入した羽柴秀長が、此地に來て軍を駐め、當寺を以て本営とした。其時一軍を誡めた厳とした軍令の一書が今に寺寶の一として残されてある」

秀吉の九州征伐、つまり島津氏討伐にあたり、秀長が兵を進めた場所が本庄であったというわけですが、この『本庄郷土史摘要』の記述にある秀長の軍令書については、宮崎県編『日向古文書集成』の中に、義門寺文書(豊臣秀長制札)として収載されています。
次のようなものです。

 義門寺前
一、當手軍勢亂妨狼藉之事
一、陣取放火之事
一、伐採竹木之事
右之條々堅停止畢、若違犯之輩有之者、可處嚴科者也、
 天正十五年五月三日 中納言(花押)


この文書を見ると、秀長は乱暴狼藉や放火、伐採を厳しく取り締まっていたことが分かります。
秀長は誉れ高き名将と謳われた人物ですが、この軍令書の中にも、そういった一面が表れていると言えるかもしれません。

国富町は今では大変のどかな田舎町に変貌しています。
宮崎県の県庁所在地である宮崎市と隣接してはいますが、町の大半は山野に覆われ、かつて羽柴軍が軍を進め、駐留した街だとは想像できないほど、のどかな田園風景が広がっています。
ただ、町の中心部である本庄地区は、往年賑わいを見せていたであろう面影が見てとれます。
前出の『本庄郷土史摘要』によれば、江戸時代の本庄には、和泉屋と枡屋という、他郷にまでその名が響き渡るような大きな商家があり、商人財閥を作って、京・大坂と直接取引を行うなど隆盛を極めたそうです。

15597980037893.jpg
本庄驛を示す標柱

宮崎市から国富町へと続く、のどかな田舎道を運転すること約20分。
義父と私は目的地である義門寺へと到着しました
寺の駐車場に車を止めると、駐車場の壁面に、前述した秀長の軍令書を彫った石版が飾られていました(画像)。

15597979668870.jpg
秀長の軍令書(石版)

また、義門寺の門前には、「史蹟 豊臣軍本営地址」という大きな石碑が建てられており、この地が秀長の本陣であったことが分かります。
『本庄郷土史摘要』によると、義門寺は貞和2(1346)年の創建で、日向を治めていた伊東氏ともゆかりの深い寺院であったようですが、慶長年間には島津義久の位牌が一時期祀られていたことがあったと舊記に記されている、ともあります。
私はその真偽について判断できませんが、「なぜ義久の位牌が遠く離れた日向にあったのか?」と考えると大変興味深い話ですね。
義門寺は、建物自体は既に建て替えられており、秀長が駐留した往時を偲べるものは少ないと言えますが、私のように遠く離れた京阪の地から、秀長がこの地を訪れたかと思うと感慨もひとしおでした。

15597979937792.jpg
義門寺

15597979787921.jpg
秀長の本陣であったことを示す石碑

義門寺を見終えて駐車場に戻った際、最初気づかなかったのですが、秀長の軍令書の石板の傍らに、種田山頭火の句碑が彫られている石板がありました。
そこに刻まれた文字を読むと、昭和5年10月18日、山頭火が国富町の本庄仲町に宿泊したということが記されていました。
大阪に帰ってから少し調べてみると、確かに山頭火は本庄に宿泊したようです。
山頭火が自らの放浪の様子を記録した日記「行乞記(ぎょうこつき)」によると、旧薩摩藩領の高岡町に宿泊した山頭火は、その後、東諸県郡綾町へと向かい、そして本庄に到着し、その日は「さぬきや」という、大正十五年にも宿泊したことのある宿屋に泊まったとあります。
その日、山頭火は、「カフェのようなところに入り、久しぶりにビールを味わった」とも記していますが、当時の本庄は、まだ江戸時代と同様に賑やかな街であったのでしょうね。


FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2019/06/06 18:30】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |