FC2ブログ
西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
最近の『西郷どん』を見ていて感じるのは、「脚本家の中園ミホさんは、果たして史実をちゃんと綿密に調べたうえで創作しているのか?」という点です。

もちろん、大河ドラマは時代劇ですから、史実を忠実になぞる必要はありませんし、創作、演出するのは当然です。
つまり、ドラマである以上フィクションであるのは当たり前ではありますが、ただ、史実を理解したうえで創作されたものとそうでないものとは、幕末史を少しでもかじったことのある者からしてみれば、見ていて何となくその違いが分かるものです。
あくまで個人的な感想ですが、中園さんは幕末史をちゃんと理解したうえで創作していないような気がするのです。

また、ドラマが史実から大きくそれると、必ずネット上では「時代考証は何をやってるんだ!」みたいな批判が起こりますが、私は時代考証の先生方を批判するつもりは毛頭ありません。
実はその逆で、時代考証の先生方は被害者とすら思っています。
おそらく『西郷どん』においても、史実と相違する点については、時代考証の先生方が懇切丁寧に、そのことを指摘されていると思います。
しかしながら、少し小耳に挟んだところでは、それでも最終的には脚本家や演出家の意向が優先されるのだそうです。
結局そのように脚本家らの意向が通るのだとしたら、時代考証なんていう仰々しい役目は不要なのではないでしょうか?

時代考証の先生方が、実際に史実との相違点を指摘しているにもかかわらず、ドラマが史実から大きくかけ離れると、世間から「史実無視」だと真っ先に叩かれるのは、時代考証の先生方です。それは、先生方にとっても本意ではないはずです。
結局、大河ドラマの時代考証とは、NHKが「歴史家のお墨付きを得ていますよ」とアピールしたいだけの(実際そんなわけではないのに)、いわゆる「単なる箔づけ」に過ぎないのだと感じられてなりません。
大河ドラマに限らず、どんなドラマもそうですが、脚本家が自身の責任において勝手に創作すれば良いだけの話なのです。
専門家の意見を聞きたければ、個人的かNHKを通じて聞けば良いだけの話で、まるでドラマにお墨付きを与えているかのように錯覚させる、仰々しい時代考証という役目は、最早必要ないと私は思います。
作品に対する批判は、時代考証の先生方が受けるものではなく、脚本家が一身に背負うべきものなのです。

(第一次長州征討における西郷の功績)
今回の『西郷どん』も物語の進行がとても速かったように感じました。
前回「禁門の変」が終わったと思いきや、あれよあれよと言う間に「第一次長州征討」まで話が進み、そしてそれがいとも簡単に終わってしまいました……。
第一次長州征討における西郷の働きは、彼の生涯の中においても、最も輝かしい功績の一つであり、また、西郷の存在感を世に知らしめた、まさに西郷の真骨頂を発揮したものであったと言えます。

禁門の変後の長州藩内は、俗に「薩賊会奸(さつぞくかいかん)」という言葉で表現されるように、薩摩藩や会津藩を憎むこと甚だしかったと言えます。
少しさかのぼると、文久3(1863)年12月24日、下関海峡を通航していた薩摩藩の商船・長崎丸が、長州藩から砲撃を加えられ、焼失する事件が生じるなど、八月十八日の政変をきっかけとした薩長両藩の確執は、とても根深いものがありました。
このような状況下の最中、西郷は第一次長州征討の談判のために、周囲の反対を押し切って、奇兵隊をはじめとする長州諸隊の幹部連中と会うため、小倉から長州の下関へと渡りました。
勝田孫弥『西郷隆盛伝』には、「馬關の海峡は薩人の為めには正に三途の川なり」と、征長副総督らが西郷の身を危ぶんだとあるほど、それは非常に危険な行動であったのです。

西郷が下関に渡ったのは、征長軍の解兵条件の一つであった、三条実美以下五卿の動座(移転)を実現するため、それに反対している諸隊の幹部連中に直接会い、彼らを説得するためでした。
西郷の行動は、まさに「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」という故事を実践するかのような、死を賭した大胆なものであったと言えます。
しかしながら、西郷は「薩摩憎し」で凝り固まっていた諸隊の幹部連中を説得することに成功し、五卿動座を承諾させ、第一次長州征討を平和的な解決へと導いたのです。

事の顛末を簡単に書きましたが、このように第一次長州征討における西郷の行動は、とてもドラマティックであり、時代劇で描くとしては格好の材料であったと言えます。
また、主役の鈴木亮平さんの存在感を際立たせる大きなシーンに仕上げられたにもかかわらず、今回の『西郷どん』において、そのことは余り強調されず、西郷が岩国に出かけて行って、吉川経幹(つねまさ。監物)と会う形だけで描かれたのですから、私的にはとても残念でした。
確かに、実際に西郷は吉川と会い、征長軍の解兵について談判していますが、むしろ強調すべきは下関渡海の方であったと言えるからです。

今回の『西郷どん』では、禁門の変の首謀者であった三家老の切腹が征長軍の解兵条件としてクローズアップされていましたが、第一次長州征討において西郷が最も苦労したこととは、前述した五卿動座についてでした。
八月十八日の政変によって、ともに都を落ち延びた七人の公卿たちは、長州藩にとって、これまで長州が朝廷に尽くしてきた証であり、そして一種象徴でもあったため、彼らを長州藩内から移転させようとする征長軍の方針に対し、奇兵隊などの諸隊を中心に根強い反対があったからです。(付記:七卿は当時病死等で二人減って五人になっていました)

しかしながら、そのような厳しい条件を西郷の果断な行動によって実現させたのですから、近世日本国民史の著者・徳富蘇峰が「何と申すも第一回征長の舞臺に於ける大役者は、西郷吉之助であった」と評しているとおり(『近世日本国民史』五十六 長州征伐)、第一次長州征討の平和的解決において果たした西郷の役割は、とても大きなものだったのですが、残念ながら、今回それらの経緯は全く描かれませんでした。

『西郷どん』では、人間同士の触れ合い(ドラマ)を描くことを重視しているからなのか、やたらヒー様こと慶喜とのやり取りに時間を割いているのが、どうも気になります。
前回のブログで書いたとおり、慶喜と西郷にそのような濃厚な接点はなかったのですから、第一次長州征討における西郷の果たした役割を描かずして、一体西郷の何を描こうとしているのか?
私的には、今回は正直理解不能な展開でした。

(西郷と勝の対面)
人間同士の触れ合いを描くという点において、今回の『西郷どん』で重要なキーマンとなったのは、幕臣・勝海舟の存在です。
ドラマの中では、西郷と勝は慶喜の屋敷で顔をあわせていましたが、実際は西郷が当時大坂に滞在していた勝を訪ねたというのが真相です。
『西郷どん』では、慶喜が西郷に対して勝のところに行くよう命じていましたが、勝田孫弥『西郷隆盛伝』には、

「越藩堤正誼、青山貞等隆盛を訪ひ両藩の連合を以て勝に談判し以て将軍の上洛を計畫せんことを謀れり」

とあり、越前藩士の堤正誼青山貞の二人が、西郷の元を訪ねたことが西郷と勝の出会いのそもそものきっかけです。
当時、長州征討を実施するにあたり、越前藩や薩摩藩は将軍・家茂の上洛を求めていましたが、上手く事が運ばなかったため、堤と青山の二人は、近く江戸に戻る予定であった勝に直談判して、将軍の上洛を実現させようと考え、西郷を誘ったのです。

元治元(1864)年9月11日、西郷は勝に対し、「分けて御談合申し上げたき儀これあり」(『西郷隆盛全集』一。以後西郷書簡は全て同全集一からの引用)との書簡を送り、勝の都合を尋ねたうえで、薩摩藩士・吉井幸輔と前出の越前藩士二名を伴って、大坂の勝の宿所を訪ねました。
これが西郷と勝の初対面であったのですが、今回の『西郷どん』で描かれたような、坂本龍馬たちが出てきて西郷を威嚇するなど、そんな殺伐としたものではなく、両者ともに打ち解けて、様々な政治課題について話したようです。

15329343396220.jpg
勝海舟寓居跡(大阪市)

この時の会合の様子は、その5日後の9月16日付けで、西郷が大久保に宛てた書簡に詳しく出て来ます。
西郷は大久保に対して、「越藩より勝安房守殿へ相談いたし、幸い、関東下向の由に候間、将軍上洛を尽力致し呉られ候処、両藩より願い入れ候わでは如何これあるべきやとの趣これあり候に付き、直様同意いたし、吉井と私下坂いたし」と、勝と面会することになった経緯を説明したうえで、「両藩より段々攻め掛り候」と、越前・薩摩両藩で勝に対して、当時の政治課題について質問攻めにしたと書いています。

しかし、それを受けた勝は、幕府の内情を「誠に手の附け様もこれなき形勢と罷り成り候」と、最早手の付けようもない状況に陥っていると発言し、一つ一つ丁寧に西郷らの問いに答えました。
幕臣でありながら、そのように胸襟を開いた勝の態度に、西郷は感動を覚えました。
大久保宛ての同書簡には、

「勝氏へ初めて面会仕り候処、実に驚き入り候人物にて最初は打叩く賦にて差し越し候処、頓と頭を下げ申し候。どれ丈ケか智略のあるやら知れぬ塩梅に見受け申し候」

とあり、最初は勝をやっつけるつもりで議論をふきかけたが、勝の慧眼と深い知識に圧倒され、最後はこちらが頭を下げることになったと書いています。

また、西郷は勝の人柄についても、

「先ず英雄肌合の人にて、佐久間より事の出来候儀は一層も越え候わん。学問と見識においては佐久間抜群の事に御座候得共、現時に臨み候ては、此の勝先生とひどくほれ申し候」

と、英雄のような人物であるとし、当時高名な学者でもあった佐久間象山よりも、実務家としては勝の方が上だと評し、勝にひどく惚れ込んだと書いています。

このような西郷の印象は、今回の『西郷どん』でも同様に描かれましたが、西郷は勝に対し、一種心酔するような気持ちを抱いたのです。
後に「江戸無血開城」関連の談判において、勝の意を受けた山岡鉄太郎(のちの鉄舟)を西郷が全面的に信頼し、そしてその後の交渉が上手く運んだのも、このように西郷が勝に対し、全幅の信頼を寄せていたことが一因となっているように思います。

(西郷の長州征討に関する方針転換)
この西郷と勝の会談については、西郷の対長州政策に関する考え方を大きく変化させたと言われています。
これまで熱心に武力による長州征討を主張してきた西郷が、勝と面談したことによって、長州藩を潰すことは日本の国益にならないことを悟り、武力討伐の考えを翻意することになったと言われているからです。
つまり、通説では、第一次長州征討において、西郷が持論であった武力征伐論を引っ込め、平和的な解決を目指したのは、勝との出会いがきっかけであったとされているのです。

ただ、その通説に対し、『島津久光=幕末政治の焦点』(講談社)の著者である神田外語大学の町田明広先生は、異を唱えられています。
論文「第一次長州征伐における薩摩藩―西郷吉之助の動向を中心に―」(神田外語大学日本研究所紀要第8号、2016年)において、

「なお、西郷が大久保に対し、「然しながら、次第して申さば、長征の処第一の訳に御座候間、折角促し立て、油断は致さず候間、左様御納心下さるべく候」と述べていることから、勝との会談は長征強硬路線からの後退を触媒したものではない」

と述べ、さらに「勝が西郷や吉井に幕府の内情を暴露したと同時に、その後の薩摩藩の国事周旋への示唆を与えたことに重要性があり、だからこそ西郷は勝を深甚に信頼したのである」と論じられています。

同論文によれば、西郷が武力討伐論から方針転換した理由を薩摩藩の藩論の変化に求めています。元治元年8月、鹿児島に向けて帰国した小松帯刀が「藩内の不満分子を抑えて人事・軍事改革を実行した」こと。さらに当時軍賦役であった黒田嘉右衛門(のちの清綱)が久光に対して、長州寛典論を記した上書(「黒田嘉右衛門ヨリ久光公へノ上書 征長ニ関スル軍略」『玉里島津家史料』三)を提出したことをきっかけに、薩摩藩が「抗幕的な政治姿勢に転換し、基本的には藩地に割拠して富国強兵を図り、諸藩連合を模索する体制に元治元年八月の段階から大きく藩是を修正した」ことを重要視し、さらに西郷に対して久光から鹿児島への召還命令が届いたことも相まって、「西郷は久光の方針である抗幕・富国強兵・長州藩寛典に従うことになった」とあります。

私自身も、西郷が勝との会談によって変心し、対長州政策を武力討伐論から平和的解決論に方針転換したという通説には、以前から疑問を持っていました
まず、西郷が勝との会談によって最も影響を受けたこととは、対長州政策に対する考え方ではなく、「共和政治(いわゆる雄藩連合的な政治体制)」への示唆であったということは、西郷が勝の人物評を記した前出の元治元(1864)年9月16日付け大久保宛て書簡内に色濃く顕われています。
この勝の示唆により、後に西郷は「四侯会議」の開催を模索することになるのですが、それは一先ず置き、西郷と勝の会談は、対長州政策に対する西郷の考え方を翻意させたものではなかったと思います。

先に私観から書くと、私は西郷が元々強硬的な武力討伐論者ではなかったと考えています
つまり、西郷は勝と会って、武力討伐論から平和的解決論に方針転換したのではなく、元々西郷に長州藩を武力で徹底的に討伐するまでの考えは、当初から無かったというのが私の見解です。
西郷は勝からの啓示によって、長州討伐の考え方を改めたと言うよりも、勝と会って話をしたことで、改めて長州を追い込むことの非を再認識したのではないかと考えています。

確かに、禁門の変後の西郷は、長州藩の処分について、非常に強硬的な言動をとっています。
例えば、元治元(1864)年9月7日付けで大久保に宛てた書簡には、

「是非兵力を以て相迫り、其の上降を乞い候わば、纔かに領地を与え、東国辺へ国替迄は仰せ付けられず候わでは、往先御国の災害を成し、御手の延び兼ね候儀も計り難く」

と過激な言葉を使い、「武力をもって長州藩を征討し、東国に国替えして、わずかな領地を与えるくらいの厳罰に処さないことには、ゆくゆく薩摩に危害をもたらすことになる」と主張しています。

ただ、ここで押さえておかなければならないことは、このような武力によって長州藩を征討するという方針は、何も西郷特有のものではなかったということです。
言わば当時の薩摩藩の方針そのものでもありました。

例えば、家老の小松帯刀が禁門の変の約10日後、元治元(1864)年7月晦日付けで大久保に宛てた書簡には、

「此後長州大挙之所は迚も六々敷、是程挫かれ候而は、頭之上り候丈ニ無之、其上対天朝、敵対之道無御座候、早々追討より外ニ道筋有之間敷候、長江探索も差出置申候間、帰次第ニは早々可申上候」(『玉里島津家史料』三)

とあり、小松自身も「早々に長州藩を追討するより他に道は無い」として、武力征討の意志を明確に顕わしています。

また、小松が書いた長州処分に対する意見書においても(「本藩国老小松帯刀於京師長州処分意見上申」『忠義公史料』三)、

「朝廷遵奉ノ志アラハ、直ニ暴論輩ハ厳重ノ処置イタシ、七卿モ早々差出候様、明日中否申出候様御達相成」

と長州藩に対して、朝廷遵奉の考えがあれば、すぐに禁門の変の首謀者らを厳重に処分し、七卿を早々に差し出すよう求めるべきだとし、そしてそれが出来ないようであれば、

「直様兵ヲ発シ、誅伐ヲ加ヘ可申外無御座儀ト奉存候」

「直ぐさま出兵し、討伐する他ない」と、強硬的な主張を行っています。

前回書きましたが、小松は当時の京における薩摩藩の実質的な最高責任者です。
小松がこのように武力での長州征討を主張しているということは、すなわちそれが京における薩摩藩の藩是であったことを意味しています。

以上の点から考えると、前述の西郷書簡にある長州藩に対する武力討伐論は、薩摩藩の方針に忠実に従って行動していることを報告しているに過ぎません。
西郷が京から発信する書簡は、久光を始めとする藩の重役連中が回し読む、一種の公文書のようなものですから、まだ遠島の罪を赦されて間もない西郷としては、藩の方針から逸脱せずに行動しているということは、当時強調して報告しておくべき大事な事柄であったと言えます。
なぜなら、前回書いたように、遠島の罪を赦されたとは言え、西郷は以前と変わらず久光から猜疑心をもって危険視されていたからです。

久光が藩主・茂久に宛てた書簡の中で、「其うらニ相成候得は以之外之事、国乱ハ必定ニ御坐候、治乱之界此事ニ御坐候」(『玉里島津家史料補遺 南部弥八郎報告書』二)と書き、「もし西郷が期待を裏切れば、国乱は必定である」と評していたことは、以前本ブログでも書いたとおりです。
このような状況下に置かれていた西郷としては、鹿児島に発信する書簡に関して、非常に気を配って書いていたことは想像に難くありません。
特にこの時期は、当時京における責任者であった小松が鹿児島に帰国していて、西郷が代わって実質的な責任者となっていた状態でした。
つまり、藩政の責任者であった西郷が、藩の方針とは違う言動はもちろん取れません。久光の監視の目が光る中、そのような行為をとりでもしたら、また罰せられる危険性がある微妙な時期でもあったからです。
実際この後、西郷は久光から越権行為を咎められ、京から鹿児島に帰国するようにとの召還命令が下っている事実もあります。
以上のような状況も勘案したうえで、元治元年のこの時期の西郷書簡は注意して読むべき必要があると私は考えます。

(西郷の意図とは)
前述のとおり、西郷は元治元(1864)年9月7日付けの大久保宛て書簡の中で、武力による長州征討論を主張していますが、当時西郷が置かれていた状況から勘案すると、西郷の意図すること、つまり本音は別にあったのではないかと私は推測しています。

前回のブログにおいて、西郷が禁門の変が生じる前、元治元(1864)年6月25日付けで大久保に宛てた書簡内に、

「一度長州挫き候わば幕命を奉ぜざる処を以て難論相成り候儀は差し見得候得共、夫等の煩いを顧みて無名の兵を挙げ後来の恥辱と相成り候儀共にては、却って其の罪も重かるべしと相考え居り申し候」

と述べていることは紹介しました。
この前段にある「一度長州挫き候わば幕命を奉ぜざる処を以て難論相成り候儀は差し見得候」という部分は最も大事なところで、「一度長州が叩かれれば、幕府の命令を聞かなかったとの理由で、今度は薩摩が論難されることは目に見えている」という意味ですが、それはすなわち「長州の次は薩摩が標的となる」という危機感を吐露しているということであり、それはこの時既に西郷がそのような危機意識を有していたことを示す傍証になると私は考えています。

この考えを元にして、少し角度を変えて検証すると、その約10日後の同年7月4日付けの大久保宛て書簡にも、「此のたび長州挫け候ても」と、また同じように長州藩が叩かれたことを前提とした言葉が出てきますが、それに続いて西郷は次のように書いています。

「此の末の処一橋に兵権相帰し申すべく候間、是非筋を正しく致し、朝威相立ち候処を趣意にいたし居り候処、此の期に相成り、些かとも遺恨の儀御座なく候」

つまり、「長州藩が叩かれた後は、慶喜に天下の兵権が移るであろうが、筋を正しく通し、朝廷の威光が立つ(朝廷の権威を高める)ことを目的としているので、この期に及んでは些かの心残りも無い」と論じているわけですが、これは戦後慶喜に対して兵権が移ることに、大きな懸念を示しているものであると言えます。
そこから西郷の意図を推しはかると、

「対長州戦が朝廷主導になっていれば、戦後慶喜が兵権を握ったとしても、勝手にそれを振りかざすようなことが出来なくなる。慶喜を抑止するためにも、今回は幕府主導による出兵ではなく、朝廷主導で何よりも朝威が立つことを第一としたい」

と読み取れます。
つまり、これは戦後の慶喜ひいては幕府と薩摩藩との関係を意識したうえでの発言であり、前述の「長州の次は薩摩が標的となる」という危機意識をもっての発言であると言えるのではないでしょうか。

そしてまた、このような考え方は、同年10月8日付けで書かれた大久保宛て書簡にも出てきます。
西郷は同書簡の中で、

「兵を以て相迫り候処にて降を免すとも、征伐の御扱いは相立てず候わでは済まざる儀に御座候間、夫等の処にて、纔か五・六万石にて国替とは相成らず候わでは、国を消し候迄にては往先御国の御煩いも出来候わんかと相考えられ居り申し候」

と、長州藩を「わずか五・六万石にして国替え」するという過激な言葉を吐いておきながらも、その後段において、「長州藩を滅亡させるまで追い詰めては、ゆくゆくは薩摩の禍と成りかねない」と論じています。
つまり、ここにも「長州の次は薩摩が標的となる」という、西郷の危機感が表われているということです。

このような「長州の次は薩摩が標的となる」という考え方は、前出の町田先生の論文で引用されている黒田嘉右衛門の久光に対する上書内にも出てきます。
黒田は、「幕府が薩長両藩を闘わそうとしたことは、これまでも往々にしてあったので、長州征伐の際には、薩摩をその先鋒軍にして国力を削ぎ、他日薩摩が幕府に害を及ぼさないように考えているかもしれない」と述べていますが、このような危機意識は、当時の薩摩藩要人の間では、一種共通認識としてあったのかもしれません。

以上のような西郷書簡の記述から考えると、西郷は長州藩を武力で討つことは、慶喜ひいては幕府に大きな利を与えることに繋がり、長州藩が潰された暁には、次は薩摩が幕府の標的になるとの危機意識を随分以前から持っていたと考えるべきではないでしょうか。
勝田孫弥『西郷隆盛』にも、

「元來征長の一擧は、隆盛の目的とする國是一定の議論には功なきものみならず、却て幕吏の勢威を増加せしめ、幕府に對して諸藩の恐怖心を生せしむるの媒介となるは勿論、征討せらるべき急激勤王黨は、寧ろ隆盛の國是論を決定するに後援となるべき味方なる事ハ、隆盛が長州争亂以前より夙に覚悟せし者にして」

とあり、西郷は以前から長州藩を滅亡に追い込むことは幕威を強めることに繋がると意識しており、「當時腹心たる吉井、大山、村田、伊集院等の如き幕僚に向って、勤王黨は日本の元氣なり、宜しく之を殺害せしむべからずと説きたる所なり」と、同僚たちにもその旨話していたとの記述があります。

西郷が自らの書簡において、武力による長州征討論を書いたのは、藩の方針に従った意見を述べているだけであって、本音としては、長州藩を追い込むことは薩摩にとっても利を生まず、長州が恭順の態度を示し、朝威が立つ形であれば、武力討伐には拘らないということであったように私は解釈しています。
第一次長州征伐において、西郷が平和的な解決を目論んで行動したのは、藩論が変化したこともさることながら、長州処分は後に薩摩にも大きな影響を与えるという、大きな危機意識を西郷が有していたからであると解釈しているというわけです。

西郷の対長州政策に対する主張が、その書簡内でどんどん緩やかなものになってきているのは、勝との会談がきっかけではなく、町田先生が論文で指摘されているとおり、薩摩藩の藩論の変化による影響が大きいと言えますが、ただ、それは西郷が藩論に従う、つまり変心する形で自説を引っ込め、対長州政策の考え方を転換したと言うよりも、西郷が藩論の変化に合わせて、徐々にその本音を出していったものと、私は解釈しています。
この西郷の方針転換については、もう少し深く検証したい点も多いのですが、それはまた別の機会に書きたいと思います。


本ブログ執筆者の著書

『維新を創った男 西郷隆盛の実像』(扶桑社、2017年)定価1,728円

は絶賛発売中です。
西郷隆盛の生涯をより詳しく書いていますので、西郷に興味を持たれた皆様、是非一冊ご購読頂ければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


FC2blog テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2018/07/30 18:11】 | NHK大河ドラマ「西郷どん」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック