FC2ブログ
西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
今回の『西郷どん』は、後半のクライマックスとも言える「征韓論」が描かれました。
ただ、前回も書きましたが、西郷に比べて大久保の扱いが少し悪者過ぎるような気がしました。
最後は友人・西郷との別れに涙する演出がありましたが、どうしてそこまで二人の関係が悪化したのかがドラマ内で深く描かれていなかったことから(たった一度の言い争いだけであのような形になっていましたから)、大久保が西郷を敵視することが少し唐突過ぎて、西郷ならずとも「なぜ?」という気持ちになりました。
また、ドラマ的には正邪の区別を付けた方が分かりやすくなるのでしょうが、征韓論争というものは、どちらが正しい・正しくない、つまり正義と悪の対立では決してなく、両者ともに日本の国の将来を真剣に憂い・考え、そして激しく論争に及んだものであって、そこに正邪の区別を付けることはナンセンスであると思います。

(西郷は遣韓論者であったのか?)
今回の『西郷どん』において、大久保が「西郷に勝って、今の政府をぶっ壊す」みたいな大変物騒なセリフを吐いていましたが、征韓論争、いわゆる「明治六年政変」は、当然西郷に勝つ・勝たないの問題や二人の友情に亀裂が入ったために生じたわけではなく、そんな小さなことで西郷と大久保が対立したのではありません。
拙著『維新を創った男 西郷隆盛の実像』でも詳細に書きましたが、この明治六年政変については、通説にあるように「内治派 対 外征派」「非征韓論者 対 征韓論者」などという単純な構図ではなく、「西郷ら留守政府 対 大久保ら洋行組」の政権の奪い合いであったと解釈するのが最も適していると言えます。(留守政府という呼び方は、もう変えるべきだと思いますが、ここでは便宜上使用します)
前回、大久保の書簡から「蜘蛛の糸の巻きあい」という言葉を引用しましたが、明治六年政変は、政権を巡る政争であって、征韓論はその政争の具に使われたということです。

そもそも当時の西郷や大久保ら政治家たちについて、征韓論者・非征韓論者などという区分けをすることは、余り意味を持たないと思います。
なぜなら、当時は帝国主義真っ只中の時代です。食うか、食われるかの時代にあって、外征を全く考えていなかった政治家など、当時は皆無に等しかったと言えるからです。
特に、岩倉使節団で欧米諸国を見聞してきた人たちにとっては、西洋列強諸国の植民地政策を実際に目の当たりにし、肌で感じてきているわけですから、その脅威や危機感は一般人よりも遙かに大きなものであったと言え、早晩外征を考える(視野に入れる)必要があると考える人の方が多勢を占めていたという時代背景を押さえておかなければなりません。
実際、征韓論争後の政府は、「征台(台湾出兵)」や朝鮮や清と事を構える「江華島事件」を引き起こしており、その後の日本が歩んでいった道のりを見れば、それは明らかです。
その点から言うと、征韓論争を簡単に二元論的な観点から見るのは、意味をなさないと言えるのです。

また、征韓論に関して言えば、西郷が主張したのは征韓論ではなく遣韓論であったという論調をよく目にします。
西郷が朝鮮との開戦を全く意識していなかった遣韓論者、つまり朝鮮への平和的な使節派遣のみを考え、それを主張していたのかと言うと、それは大いに語弊があります。
確かに、西郷は太政官の閣議において、朝鮮への平和的な使節派遣を主張しましたが、明治6(1873)年8月17日付けで、西郷が同じ参議の板垣退助に宛てた書簡には、

「此の節は戦いを直様相始め候訳にては決してこれなく、戦いは二段に相成り居り申し候(この節は戦いをすぐに始めようというのでは無く、戦は二段と考えています)」(『西郷隆盛全集』三)

との文言があり、第一段が使節派遣、第二段が武力行使という構図を西郷は板垣に対して語っています。

DSCF0394.jpg
板垣退助誕生地(高知市)

この記述から考えると、西郷は朝鮮との交渉(談判)が決裂した場合、武力行使を念頭に置いていたことが分かります。
実際、西郷は戦争になった時のための準備も行っており、使節派遣が失敗に終われば、武力を背景とした交渉に切り替えることを考えていたことは間違いないと思われます。
その点から考えると、西郷が「平和論者という観点からの遣韓論者」であったというのも、簡単に言えば間違いだと言えるのです。

しかしながら、西郷の征韓論が第一に戦争を意図(目的)としたものであったのかと考えると、それはまた別次元の話です。
確かに、西郷は開戦のための準備をしていますが、それはあくまでも朝鮮政府との交渉が決裂した場合を想定してのことであり、戦争準備をしているから、西郷は最初から朝鮮を攻めようと考えていたと結論づけるのは、いささか早計に過ぎると思います。

(西郷は死ぬために朝鮮へ行こうとしたのか?)
まず、西郷の征韓論を考えるうえで最も重要なこととは、

「西郷は朝鮮への使節派遣を成功させようと考えていたのか?」

という点に尽きるかと思います。
なぜならば、現在、西郷が征韓論者だと断定されている原因は、「元来西郷には朝鮮への使節派遣を成功させるつもりはなく、交渉の決裂を狙って、最終的に武力行使にまで持っていきたいと考えていた」と言われているからです。
つまり、西郷の使節派遣論は、あくまでも形だけのことであって、

「西郷は朝鮮との戦争をあらかじめ意図しており、死ぬこと(殺されること)を目的に、自ら朝鮮へと渡り、開戦のきっかけを作ろうとした」

ということです。

そこで考えなければならないのは、では「西郷はなぜ朝鮮で死のうと考えたのか?」という点だと思います。
よく西郷の自殺の動機を

1.政治に対する行き詰まり
2.旧主・島津久光との関係
3.自らの体調不良問題

などに求める傾向がありますが、これらの理由はいかにも短絡的なものだと感じられてなりません。

拙著『維新を創った男 西郷隆盛の実像』でも触れましたが、征韓論争における西郷の心事を解釈するためには、西郷の全生涯を俯瞰し、西郷の死生観を正確に理解したうえで行う必要があると私は考えています。
確かに、征韓論争中において、西郷が板垣に宛てた一連の手紙には、「死」という言葉がたくさん踊っています。それを額面通りに受け取れば、当時の西郷は「死」を願っていたという風に解釈してしまいがちですが、西郷の死生観から読み解けば、西郷曰く「死」とは、「覚悟」の問題であって、決して「目的」ではなかったことが分かります。

安政5(1858)年11月16日、西郷は僧・月照とともに投身自殺を試み、それが失敗に終わって以降、自殺まがいの行為は一切取っていません。西郷はその後幾度となく艱難辛苦を味わい、死に直面するような場面に出くわしましたが、決して自ら命を絶つような選択をすることはありませんでした。
例えば、文久2(1862)年4月、久光が計画した率兵上京計画において、西郷が捕縛されようとした際、大久保が兵庫の海岸に西郷を呼び出し、ともに刺し違えようと提案したことがありましたが、西郷はその大久保の申し出をきっぱりと断っています。
また、武士としては最大の恥辱とも言える遠島処分を受け、沖永良部島において過酷な牢獄生活を強いられた際も、西郷は一度たりとも自決を試みようとはしませんでした。
そして、西南戦争においては、最後に立て籠もった城山を政府軍から幾重にも包囲され、敗戦が濃厚となった際にも、西郷は自決という手段を選択せず、将兵とともに戦死することを選んで城山を下山し、政府軍が放つ銃弾が自らの体を貫くその瞬間まで、傍らに控えていた別府晋介に対して、「まだ、まだ」と言って、自決することを拒み続けました。
これらの行動から推察するに、西郷の行動の選択肢には「自殺」という二文字は無かったと言えます。

西郷は月照との投身自殺未遂の末、一人だけ生き残った自分のことを「土中の死骨」と称し、自らを一度死んだ身として位置づけました。
そんな西郷が、自らが生き残った意味と理由を深く考え抜いた末にたどり着いたのが、「敬天愛人」の思想です。西郷は「天から生かされた」と目覚めたことにより、死についての概念を大きく変化させ、自らに課せられた使命が無くなれば、死は自然に訪れるものであると考えるようになり、西郷はそれを天意だと規定したのです。
そんな西郷の考え方は、文久2(1862)年8月20日付けで、奄美大島の代官・木場伝内に宛てた書簡の中に出てきます。
これは久光から断罪された後に書かれたものですが、西郷が悟った「敬天愛人」の哲学からくる死生観が顕著に表れています。

「憤激して変死共いたし候ては残恨の次第にて、決してもふは行迫らず、命を奉じて、死を賜うとも如何共従容として畏る考えに御座候。御安心下さるべく候。変事に当り、色々了簡も変るものに御座候。また命もおしかるかと申す人もこれある筈に御座候得共、惜しむは何ヶ度でも惜しむ考えに御座候」(『西郷隆盛全集』一)

(現代語訳)
「憤激して変死などしては残念の極みであり、決して死を求めることはありませんが、藩からの命があれば、死を賜っても従容として受け入れる覚悟でいますので、どうぞご安心下さい。変事にあたっては、色々と考えも変わるものです。命を惜しんでいると批判する人もいましょうが、命を惜しむ時は何度でも惜しむ考えでいます」

特に、「憤激して変死共いたし候ては残恨の次第にて、決してもふは行迫らず、命を奉じて、死を賜うとも如何共従容として畏る考え」という箇所に、西郷の考え方が色濃く表れていると言えましょう。
ただの怒りにまかせて変死、つまり自決などしては悔いが残るとして、自ら死を求めることはないが、死を命じられれば死ぬ覚悟は出来ている、と西郷は語っていますが、西郷は「人の生死というものは、天がつかさどるものであることから、死は恐れるべきものではなく、また、決して自ら追い求めるものでもない」との境地に達していたのです。

また、征韓論争中の明治6(1873)年8月23日付けで、西郷が板垣に宛てた書簡には、次のような言葉も書かれています。

「死を見る事は帰する如く、決しておしみ申さず候得共、過激に出でて死を急ぎ候儀は致さず候間、此の儀は御安堵成し下されたく希い奉り候。然しながら無理に死を促し候との説は、跡以て必ず起こり申すべく、畢竟其の辺を以て戦いを逃し候策を廻らし候儀、必定の事と存じ奉り候に付き、先生は御動き下され間敷、今日より御願い申し上げ置き候。(中略)死を六ヶ敷思うものは、狂死でなくては出来申さず候故、皆々左様のものかと相考え申すべく候得共、夫等の儀は兼て落着いたし居り候」(『西郷隆盛全集』三)

(現代語訳)
「死ぬことを恐れはしませんし、決して命を惜しむこともありませんが、過激な行動に出て、死に急ぐようなことはしませんので、どうぞご安心下さい。しかしながら、私が無理に死に急ごうとしているという説が後に必ず起こり、その理由をもって、戦争の機会を回避しようとの策が起こるかと思いますが、先生(板垣のこと)におかれましては、決して動揺されないことをお願いします。(中略)死ぬことを難しいことだと思う者は、狂気無くしては死ぬことが出来ないものと皆々このように考えますが、そのことについては、私の中で既に整理がついています」

この書簡にも同様に、「死ぬことを決して恐れはしないが、自ら死を求め、死に急ぐようなことはしない」という西郷の死生観が明確に表れています。
また、「死を六ヶ敷思うものは、狂死でなくては出来申さず候」という部分に、西郷にとっての「死」とは、あくまでも覚悟の問題であったことが分かります。「死ぬことを難しいことだと考える人間は、私のような死を覚悟した行動を正気の沙汰ではない(狂っている)と見るかもしれない」ということを西郷は板垣に対して語っています。

以上のように、西郷の全生涯を俯瞰して考えると、西郷が死ぬことを目的に朝鮮に渡ろうとしたというのは、西郷の死生観、そして彼の行動哲学から大きく外れる行為だということが分かります。
人の生死は天がつかさどる(決める)ものであることから、「死」とは希求すべきものではないとの考えを持っていた西郷に、自ら死に急ぐ道理は無かったと言えます。

また、旧庄内藩士が編纂した『南洲翁遺訓』には、

「道を行うものは、固(もと)より困厄に逢うものなれば、如何なる艱難の地に立つとも、事の成否身の死生などに、少しも関係せぬものなり」

(現代語訳)
「道義を実践する者は、困難で苦しい目にあうものだが、どんな艱難辛苦が訪れようとも、事が成功するか失敗するか、また、自分が生きるか死ぬかなどということに少しもこだわってはならない」

との言葉がありますが、これも西郷の死生観を補完していると言えます。
あくまでも仮定の話ですが、もし西郷が朝鮮に渡り、そこで殺されることになったとしても、西郷はその死を従容として受け入れる覚悟は既に出来ていたと思います。

「朝鮮で死んでも全く悔いはない。残された者たちは、自分の屍を越えていけば良い」

西郷流に言えばこのような表現になるのでしょうが、西郷は朝鮮で死んでも構わないと思っていたとは思いますが、決して死ぬために行こうとしたわけでは無かったと考えるべきです。
「死を期して朝鮮へ行こうとした」のではなく、「死を賭して朝鮮へ行こうとした」と考えるのが、やはり適切な解釈だと言えるのではないでしょうか。

西郷は、まず朝鮮と筋道を通した外交(交渉)を行うことが第一義であると考え、板垣が唱えた朝鮮への即時派兵論に釘を刺したうえで、使節派遣を成功させることを目的に、そしてそこに重点を置いて朝鮮へ渡ろうとしました。
敵の懐にいきなりポンと飛び込んでいくような、死中に活を求めるやり方は、西郷特有の交渉術であり、常套手段でもあります。
おそらく西郷の念頭には、第一次長州征討において試みた交渉があり、その経験を元にして、朝鮮との談判を成功させるだけの自信や自負も持っていたのでしょう。
ただ、もし朝鮮側が交渉のテーブルには付かず、西郷を殺すような暴挙に出た場合は、西郷は黙って朝鮮の地で殺されたと思います。
なぜならば、西郷には既に死ぬ覚悟は出来ていたからです。天が自らに死を与えるのであれば、その死を従容として受け入れたと考えるからです。
しかしながら、西郷が鼻から朝鮮政府との交渉を成功させるつもりはなく、朝鮮で死ぬことだけを目的として渡航しようとしたと考えるのは、これまで書いてきたように、西郷の死生観や行動哲学からは大きく外れる行為だと言えます。
西郷は生死に関するこだわりは一切持っていませんでしたが、死を軽んじていたわけではありません。「敬天愛人」の哲学から考えれば、死を軽んじることは、天を軽んじることにも繋がると西郷は考えていたからです。

以上のように、西郷の死生観から読み解けば、西郷が朝鮮政府との交渉を失敗させることを期して、朝鮮に渡航しようと考えていたというのは、どうしても考えにくいと判断せざるを得ません。
朝鮮との談判において、人事を尽くしたうえで斃れるのは西郷の本望ではありましたが、ただ単に殺されに行くだけの行為は、天意にそむく行為だとして、西郷の本望では無かったと私は考えるのです。


本ブログ執筆者の著書

『維新を創った男 西郷隆盛の実像』(扶桑社、2017年)定価1,728円

は絶賛発売中です。
西郷隆盛の生涯をより詳しく書いていますので、西郷に興味を持たれた皆様、是非一冊ご購読頂ければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

FC2blog テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2018/11/19 17:31】 | NHK大河ドラマ「西郷どん」
トラックバック(0) |


ukoji
大河ドラマもあと数回ですね

西郷どんの死生観と遣韓
つるしん
御意! 全くご指摘の通りかと。 貴見以外の諸説は、実に表層的な物言いに過ぎもはんど!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大河ドラマもあと数回ですね
2018/11/21(Wed) 23:44 | URL  | ukoji #4tZXgICc[ 編集]
西郷どんの死生観と遣韓
御意! 全くご指摘の通りかと。 貴見以外の諸説は、実に表層的な物言いに過ぎもはんど!
2018/11/22(Thu) 12:30 | URL  | つるしん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック