FC2ブログ
西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます     (大河ドラマ『西郷どん』の解説も是非お読みください)
国富町の本庄を後にして次に向かったのは、宮崎市高岡町小山田にある「島津久豊の墓」です。

島津久豊という名を聞いて、「関ヶ原の戦いで戦死した武将」と勘違いされる方がいるかもしれませんが、それは島津豊久の誤りです。(実は、久豊にも豊久という子供がいますが、それはまた別人です)
島津豊久は島津家第15代・島津貴久の四男・家久の子で、後に日向の佐土原城主となった人物ですが、関ヶ原の戦いにおいて、叔父の義弘を助けるべく奮戦し、そして戦死しました。その結果、佐土原は一時期幕府領となりますが、最終的には貴久の弟・忠将の子の以久(もちひさ)、つまり豊久から見ると父の従兄弟にあたる人物が受け継ぐことになります。
このように、島津豊久は戦国島津の一ページを彩る武将として有名ですが、他方の島津久豊はと言うと、中世期の武将です。
久豊は島津家第8代当主にあたり、薩摩・大隅・日向の守護を務め、当時奥州家(いわゆる島津宗家)と総州家に分かれて内紛状態にあった島津家中の争いに終止符を打った人物として知られています。

その久豊の墓が宮崎市郊外の高岡町にあるということを、恥ずかしながら、私は今年のゴールデンウィークに入るまで知りませんでした。
実は、その数日前に車で「高岡温泉やすらぎの郷」という温泉施設に行った際、偶然に「市指定史跡 島津久豊の墓」という看板(画像)を目にし、その存在を知ったのです。

15601300277880.jpg

高岡温泉は妻の実家からも近く、宮崎に帰省した折にはよく行く温泉施設だったのですが、こんな近くに島津家関係の史跡があり、それを見逃していたとは……。
まさに「灯台下暗し」とは、こういうことを言うのですね。

その時は既に夕方を過ぎていましたので、久豊の墓には日を改めて訪ねようと考えたのですが、そこで素朴な疑問がわきました。

「島津家当主である久豊の墓が、なぜ日向のこんな片田舎にあるのか?」

私のかすかな記憶では、島津家の菩提寺である鹿児島の福昌寺跡にも久豊の墓があったように記憶していましたので、単純にそう感じたのです。

中世から近世の島津家に関して疎い私は、その日の夜、大阪から持参していた島津顕彰会『島津歴代略記』という小冊子の久豊の項をめくると、久豊が亡くなったのは、豊久の死からさかのぼること175年前の応永32(1425)年1月21日のことであり、鹿児島で歿したとありました。
また、同書によれば、久豊の墓は二つ存在し、

長谷場御墓(福昌寺跡。鹿児島市池之上町)
穆佐小山田御墓(悟性寺跡。宮崎県東諸県郡高岡町小山田)も長谷場御墓へ合葬


との記載がありました。
つまり、後者の「穆佐小山田御墓」というのが、私が看板を見つけた宮崎市高岡町の久豊の墓ということです。(ちなみに、穆佐とは「むかさ」と読みます)

同書には、高岡町の久豊の墓は「長谷場御墓へ合葬」とありますので、遺骨は鹿児島へ移されて、現在は空墓になるわけですが、久豊の墓が高岡町に建てられている由縁も同書を読んで何となく理解しました。
久豊は、当時日向を拠点にして勢力を伸ばしていた伊東氏の抑えのために、穆佐城に入り、伊東氏と交戦していたからです。
つまり、高岡町の穆佐は、久豊ゆかりの地でもあるわけです。

以上のような簡単な予備知識を入れ、私は日を改めて、義父を連れて高岡町の「島津久豊の墓」へと向かいました。
高岡町は現在宮崎市に編入されていますが、江戸藩政時代には薩摩藩領であったところです。
高岡町は日向と薩摩の国境に位置していたことから、そこに麓(武士の集落)が築かれ、「去川の関(さるかわのせき)」と呼ばれる関所を設けて、薩摩への出入国を厳しく取り締まっていました。
余談ですが、若き日の西郷隆盛が藩から僧・月照の国外退去を命じられ、それに絶望して入水自殺をはかったことは有名な話ですが、その際、藩当局は月照一行を去川の関から領外に出し、高岡方面に落ち延びさせることを意図していました。
高岡町は現在も周囲を山に囲まれた片田舎です。
おそらく藩当局は、山深い高岡の地であれば、月照を隠匿出来ると考えたのではないでしょうか。

ちなみに、薩摩藩ではいわゆる「東目送り」と呼ばれる、東目筋(高岡筋)の藩境で罪人を斬る処置があり、この時、西郷は藩から月照を斬れと命じられたという逸話がありますが、これは単なる俗説に過ぎないと私は考えています。
そのことについては、大河ドラマ『西郷どん』の解説ブログ内(下記)で詳しく書きましたので、是非そちらもご覧ください。

『西郷どん』感想&小解説(第17回) ―月照の薩摩入りと西郷の入水―

閑話休題。
前出の『島津歴代略記』にも記されていますが、島津久豊の墓は、高岡の悟性寺という寺院に建てられていたようです。
同書には「跡」とあるように、現在、悟性寺という寺は高岡には存在していません。詳しく調べたわけではありませんが、おそらく明治初年の廃仏毀釈によって、廃寺になったのではないでしょうか。
旧薩摩藩領においては、廃仏毀釈が徹底して行われました。
そのことは、島津家の菩提寺であった福昌寺が取り壊されたことをもってしても、その徹底ぶりがよく分かります。
おそらく悟性寺もまた、その煽りを受け、廃寺となったのでしょう。私が訪れた時は、寺の建物らしきものは一切なく、現在は共同墓地だけが残されている状態でした。

悟性寺跡へと続く長い階段を登り終えると、正面に久豊の墓が見えてきます。(画像)

15601300647773.jpg

15601300410591.jpg
島津久豊の墓(宮崎市高岡町)

墓自体はとても小さなもので、「義天存忠大禪定門」という、久豊の戒名が刻まれていました。
そして、墓の両脇には、いわゆる「丸に十字」の島津家の家紋がついた灯籠があり、そこに刻まれた文字を見ると、「島津豊後久寳」とあり、私は驚きました。(画像)

15601300519562.jpg

島津豊後久寳(久宝。ひさたか)とは、島津斉彬時代の城代家老であり、斉彬の死後は前々藩主の島津斉興によって、主席家老に据えられた重臣です。
島津豊後は、藩内でも保守派、いわゆるお家大事派と呼ばれる代表格の人物で、西郷や斉彬が登場する小説では、必ず悪役としてその名が出てきます。

中世期の武将である久豊の墓に設置された灯籠に、幕末の薩摩藩家老・島津豊後の名が刻まれていることは、私にとって、とても意外なことでした。
そこで墓の脇に設置されている案内板を見ると、「久豊の墓は安政4(1857)年に島津氏によって創建されたもので、その遺骨は昭和になり、島津氏によって発掘され、鹿児島に葬られた」との記述がありました。
つまり、久豊の墓は、幕末の頃、斉彬の治世に建てられたということです。
昭和に入り鹿児島に葬られたというのは、『島津歴代略記』内の「長谷場御墓へ合葬」を指しているものと考えられます。

また、案内板には、久豊の墓の背後、少し小高い丘の上に「瘞骨塔(えいこつとう)」と刻まれた石碑が建てられているとあったため、私はそこへ通じる長い階段を登り、見に行くことにしました。
案内板には「瘞骨塔」の説明が一切書かれていなかったため、どんな目的でこの石塔が建立されたのか、また久豊の墓との関連がイマイチよく分からなかったのですが、瘞骨塔を見てみると、碑の裏面に「安政四年丁己九月二十四日建之」とあり(画像)、瘞骨塔も幕末期に建てられたものであることが分かりました。

15601300792964.jpg
瘞骨塔

15601301017655.jpg
瘞骨塔の裏面

しかし、私は疑問に思いました。

「応永32(1425)年に亡くなった久豊の墓が、なぜ430年以上も経った安政4(1857)年に創建されることになったのか?」

また、しかもその墓は久豊が没した鹿児島ではなく、日向の高岡の地にわざわざ建てられたのはなぜか? ということも同時に気になりました。
案内板によると、久豊は穆佐城で亡くなったとあり、『島津歴代略記』の記述と内容が相違しています。
私はこれらの疑問について、現地ではその答えを導き出せなかったのですが、大阪に戻ってから、少し調べてみると、その謎がようやく解けたのです。

(2に続く)

FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/06/10 17:30】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック