西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
その1の前置きが随分と長くなってしまいました(^^;

前回の続きですが、延岡藩には胤康という僧がいて、宮崎の幕末・維新史にその名を残しているのですが、その存在は一般には余り知られていません。
しかしながら、前回少し触れましたが、胤康の思想の影響を受けた小河一敏以下岡藩の人々が、「寺田屋事件」という、幕末史上の大きな事件に関わることになるのです。
一地方の在野にいた人物が、こういった大きな影響を与えることになるのですから、歴史というものはほんと面白いですよね。

さて、胤康が住職(正式には看主です)を務めていた慈眼寺(慈眼禅寺)は、今も現存しており、その境内には「胤康禅師史料館」が建てられ、胤康関連の数多くの遺品や資料を見学することが出来ます。

宮崎市の中心部から延岡市までは、今では東九州自動車道の開通により、高速を使えば1時間半程度で行くことが出来ます。
ほんと便利になりましたよね。
昔は国道10号線をひたすら北上するしかなかったので、宮崎県内の北と南を結ぶ交通インフラは、かなり良くなったのではないかと思います。
九州は新幹線と言い、高速道路と言い、西側ばかりがひらけている状況で、東側の宮崎・大分は寂れる一方なので、せめて交通面だけでも、分け隔て無く整備して欲しいと願うばかりです。

さて、慈眼禅寺がある延岡市北方(きたかた)という町は、延岡市の西方、山間部に入ったところにありますが、別名「干支の町」と言われています。
住所表記が干支、つまり「ネ(子)、ウ(牛)、ト(虎)~」といったような干支の呼び名で表記されている、全国的にも珍しい町なのです。
例えば、慈眼禅寺は、宮崎県延岡市北方町曽木子(ね)という場所にあります。
面白いですよね。

慈眼禅寺には事前に見学の電話予約を入れていたので、住職の奥様に対応して頂き、「胤康禅師史料館」と境内を見学しました。
史料館内には所狭しと胤康関連の資料が展示されています。
胤康直筆の日記や遺墨、愛用していた印章や木剣、また関連した人物の略歴の説明板など、館内はたくさんの胤康関連資料で溢れていますが、その中でも特に私の目をひいたのは、正式名称が出てこないですが、背中に背負う背負子(しょいこ)のような、現代で言うところのリュックサックと呼べるものでしょうか。
驚く無かれ、それは木製で、見た目はちょっとした小さな家具です。
高さは1.5メートルくらいはあるでしょうか、簡単に言えば小さな木製の仏壇か靴箱のようなものを背中に背負い、胤康は各地を旅していたのです。
おそらくその中には、経文や書籍、日用雑貨などを入れていたのでしょうね。
そんな大きなものを背負いながら、北方から豊後岡へと続く険しい山道を歩いて行ったのですから、ほんと昔の人の健脚ぶりには驚かされます。

また、慈眼禅寺の境内には、胤康の業績を讃える大きな顕彰碑や記念碑が建てられています。
顕彰碑は、小河一敏の撰文です。
胤康にとって、小河は最大の理解者であり、また一番の同志とも言える存在でした。
小河が胤康の顕彰碑の撰文を行ったのもうなずけますね。
ちなみに、小河は西郷隆盛とも親交が深かった人物ですから、もしかすると小河の口から胤康のことが、西郷に伝わっていたやもしれません。
記念碑の方は内藤政挙(最後の延岡藩主)の筆です。
前回書きましたが、胤康を捕縛したのは、政挙の前の代の政義の時のことですので、政挙は直接関与していないのですが、それでもわざわざ筆を取ったのは、その罪滅ぼしを兼ねてかもしれません。

胤康を目的として、慈眼禅寺を訪れる人は今では少ないそうですが、このような気骨溢れる人物が延岡の山間部に小さな居を持ち、そして大きな幕末・維新史に足跡を残したことを改めてその目で実感できる場所であると思います。
宮崎、そして延岡に行かれた際には、是非立ち寄って頂きたいですね。

14092813273010.jpg
胤康禅師史料館

14092813458222.jpg
顕彰碑

14092813378981.jpg
記念碑

【2014/08/29 12:08】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック