西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
宮崎史跡巡りの旅の6回目です。
最後に紹介するのは、「島津寒天工場跡」です。

幕末の薩摩藩が500万両という多額の負債(借金)に苦しみ、財政難に陥っていたことは有名な話ですが、それを立て直したのが、茶坊主上がりの調所笑左衛門広郷という人物です。
調所は、当時大隠居であった島津家25代当主の重豪(しげひで)の庇護を受け、徹底的な財政改革を行い、積もりに積もった負債を全て整理したばかりか、多額の予備金を作ることに成功しました。
調所が生み出したそのお金が、28代当主・斉彬の藩政改革に使用され、ひいては薩摩藩の倒幕資金に使われたことは、非常に有名な話です。

ただ、薩摩藩が負債を全て整理した、つまり「借金を全て返した」と言うのは少し語弊があるかもしれません。
どちらかと言えば、「借金を踏み倒した」という方が適切な表現です。
大坂を中心とした商人達から多額の借金をしていた薩摩藩は、天保6(1835)年11月、「無利息250年賦払い」という、とてつもない悪条件を商人達に押しつけ、これまでの溜まりに溜まった負債の整理を行いました。
この薩摩藩の一方的な処置を受け、当時の大坂経済は一種の恐慌を起こしたそうです。
実際この踏み倒しを行ったのは、重豪や調所の意を受けた、大坂商人の出雲屋孫兵衛こと、後に薩摩藩士となる浜村孫兵衛なのですが、彼はそのことの咎を受け、幕府から「大坂三郷所払い」という処分を受けました。
いわゆる大坂の町から追放されたということです。

芳即正『調所広郷』(吉川弘文館)によると、大坂商人達にこのような理不尽な仕打ちを行った元凶の薩摩藩が、浜村の三郷払いという処分だけで、この時他には何のお咎めも受けなかったのは、単なる重豪の威光(重豪は11代将軍・家斉の岳父)によるものだけではなく、幕府に対して10万両という多額の献金していたことも大きかったようです。
つまり、大鉈を振るう代わりに、幕府に対する機嫌取りは忘れていなかったということですね。
江戸時代を通じて言えることですが、こういった時に泣き寝入りするのは、いつも商人達です。
大名は居直ればそれで済む、というようなところがありますからね。
ただ、この「無利息250年賦払い」という悪逆非道な仕打ちを受けた大坂商人達の薩摩藩に対する恨みは相当根深かったようです。
この後、薩摩藩関係者が大坂の町に足を踏み入れることを憚ったという話も残されているくらいですから。

さて、こんな風に調所は大胆な方法で借金の整理を行ったわけですが、その他にも殖産興業とでも言いましょうか、多種多彩な経済政策を立てて、財政の立て直しを行っていますが、その中でも薩摩藩に莫大な利益をもたらしたのが、「抜け荷」、いわゆる「密貿易」です。
幕末当時、薩摩藩は琉球や長崎を通じて、当時の清(中国)などと交易し、巨万の富を得ていました。
ただ、これら貿易の全てが密貿易であったのか? と言うと、決してそうではありません。
薩摩藩は、幕府から一定額(年間銀千七百二十貫)まで正式の許可を得て、貿易を行っていましたので、その額を超えて密かに行っていたのが密貿易であったということです。
特にその貿易の中でも、薩摩藩は「俵物」(いわゆる海産物の乾物。煎海鼠・乾鮑・干貝柱等)の取り引きで大きな利益を得ていたのですが、その一つとして取り引きされていたのが「寒天」です。
薩摩藩の寒天作りがいつ頃から始まったのかは浅学のため知りませんが、幕末当時には、都城市の山之口町という場所に工場を建て、積極的に寒天作りを行っていたようです。

インターネットで地図を検索して頂ければ分かりますが、都城市山之口町というのは、海沿いにある町ではなく、内地も内地、簡単に言えば山の中にあります。
寒天とは、主に「テングサ」という海草を煮沸して作るものですので、通常その製作工場も海辺の方が望ましいのではないかと思います。
しかしながら、薩摩藩がこの山深い土地に寒天工場を作ったのは、山之口が寒天製造に適した自然条件であったこともさることながら、やはり寒天作りが一種人目をはばかる作業だったということも、大きな理由の一つであったかもしれません。

都城市山之口町の「島津寒天工場跡」に設置された案内板によると、この工場で使われた原料のテングサは、主に甑島(こしきじま)を中心に、薩摩半島の西海岸から運ばれてきたものだそうです。
甑島や薩摩半島西岸からわざわざ遠く離れた山中の都城まで運んだのですから、大変労力のかかる輸送だったに違いありません。
それを考えると、やはり寒天作りは、人目を忍んでの作業だったからだと言えるかもしれませんね。

さて、現在の薩摩藩の寒天工場跡には、当時テングサを煮た九基の窯跡が残されている他、その礎石なども残されており、建物自体はありませんが、ある程度往時を偲ぶことが出来るように整備されています。
この山之口の寒天工場は、調所の指示を受けて、指宿の豪商である浜崎太平次が深く経営に携わっていたそうです。
ヤマキ(太平次の屋号)は、俵物や海産物を主要な商品として取り扱っていましたから、太平次自身もおそらく寒天は儲かるとふんだのでしょうね。
「島津寒天工場跡」は、車が無いと行けない、少し不便な場所にありますが、行ってみるだけの価値はありますよ。
この地で製造された寒天が、薩摩藩政の原動力となったかと思うと、感慨もひとしおです。

14144676871480.jpg
島津寒天工場跡(都城市山之口町)

【2014/10/28 12:44】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |


福太郎
こんにちは。体調いかがですか?

この寒天工場、もう20年ほど前ですが行ったことがあります。

本当によくこんな所で造ったなと思うばかりでした。

いつもありがとうございます
tsubu
福太郎さん、こんにちは。
いつもありがとうございます!
お陰さまで体調の方は割と良く、今ではあちこちに出かけられるようになっています。

寒天工場跡、行かれたことがあるんですね。
ほんとあの山奥に寒天工場なんてよく作ったものだなあ、と思います。
運ぶのも大変だったでしょうし。

宮崎は一部が薩摩藩領でしたから、割と薩摩藩関係の史跡が多く残されていますよね。
地道に一つずつ訪れてみたいと思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。体調いかがですか?

この寒天工場、もう20年ほど前ですが行ったことがあります。

本当によくこんな所で造ったなと思うばかりでした。
2014/11/13(Thu) 08:33 | URL  | 福太郎 #-[ 編集]
いつもありがとうございます
福太郎さん、こんにちは。
いつもありがとうございます!
お陰さまで体調の方は割と良く、今ではあちこちに出かけられるようになっています。

寒天工場跡、行かれたことがあるんですね。
ほんとあの山奥に寒天工場なんてよく作ったものだなあ、と思います。
運ぶのも大変だったでしょうし。

宮崎は一部が薩摩藩領でしたから、割と薩摩藩関係の史跡が多く残されていますよね。
地道に一つずつ訪れてみたいと思っています。
2014/11/18(Tue) 12:40 | URL  | tsubu #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック