西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
前回に引き続き、また安井息軒の話です。

実は今、息軒関係で一つ調べていることがあります。
息軒が江戸で開いた「三計塾」からは、その後、歴史に名を留める著名な人物が数多く出ているのですが、その中に後の外務大臣・陸奥宗光がいます。

陸奥については、歴史の教科書にも「不平等条約の改正に尽力した人」という形で紹介されていますし、坂本龍馬と親交が深く、龍馬が結成した海援隊にも入っていたことから、一般にもその名が知られているかと思います。
陸奥は元々紀州藩士の出ですが、その後脱藩して江戸へ出て、息軒に入門するのですが、三計塾に居た頃の話を作家の池波正太郎が『戦国と幕末』という著書の中で書かれています。
少し長いですが、その部分を抜粋すると以下のとおりです。


 十四歳の陸奥宗光が江戸へ出て、儒者・安井息軒の門へ入ったことは、よく知られているが、
「そのころから、どうも体は丈夫ではなかったのだね。だから必然、武術よりも学問を、ということになったのだ」
 と、後に宗光は語っている。
(中略)
「きょうも、皆は小介に負けたようじゃな」
 と、安井息軒は、この小さな塾生の頭脳のひらめきを愛してくれたが、
「人というものはな、おのれの長所を隠すことをくふうしなければいかぬよ。よいかな、小介。弁舌に長じたる者は、つとめて寡黙なるべしと、古人も教えている。おまえも、そのことをよくよく考えてみぬといかん。それでないと、おまえは自分の長所のために身を滅ぼすことになろう」
 繰り返し、繰り返し、同じことを宗光にいった。だが、この師のことを当時の宗光は理解していたわけではない。だから、口の達者な、生意気な彼は、他の塾生の鉄拳をくらい、やせて細い彼の顔が、
「なぐられて南瓜のようにはれ上がったことも何度かあったよ」
 と、後年の宗光が述懐している。
(池波正太郎『戦国と幕末』(東京文藝社)から抜粋)



この『戦国と幕末』については、角川文庫から再刊されていますので、読まれた方も多いのではないかと思いますが、実はこの陸奥が後年述懐したというエピソードの原典を今調べています。

と、言うのは、前回少し書きましたが、「きよたけ歴史館」に行った際、そこの職員の方と話す機会があったのですが、その時、このエピソードの原典が分からないという話になったことがきっかけです。
私自身、こういった話を調べるのが好きな方、いや無性に調べたくなるタイプですので(笑)、大阪に帰ってから、陸奥の伝記や回想録等を調べてみたのですが、今のところその原典を見つけることが出来ていません。

ただ、一つだけ分かったのは、この話は池波さんの創作ではないということです。
池波さんよりかなり前に、伊藤仁太郎(痴遊)が『快傑伝』(昭和10年、平凡社刊)という書籍の中に、ほぼ同じことを書いています。
その部分を抜粋してみます。


 息軒は、その度毎に、微笑を含みながら、
「今日も、小介にやられたな」
 と、いって、愉快そうに観て居るが、しかし、人の居らぬ時は、小介を呼んで、
「過ぎたるは猶及ばざるが如し、という事を知って居るか。人は、己れの長所を匿し得ることを、工夫しなければいかんよ。弁舌に長じて居るものは、努めて寡黙なるべし、と古人は教えて居る。お前は、それを考えて居らぬとその長所のために、身を誤る事があろう」
 さすがに、先生は、よく小介の長所を知ると同時に、その短所も知って居られた。
(伊藤仁太郎『快傑伝』(平凡社刊)から抜粋。旧字は読みやすく変更)



息軒が陸奥に対して、「殊更に自分が才あることをひけらかすのは、己の身を滅ぼすことになる」とたしなめているところは、池波さんと使っている言葉こそ違えども、意味は全く同じだと思います。

では、この痴遊の『快傑伝』が池波さんの種本(原典)かと考えると、少し疑問が生じてきます。
池波さんの文章には、「体が丈夫ではなかったので学問に励んだ」や「殴られて南瓜のようになった」など、後年の陸奥が述懐した話が書かれてありますが、痴遊の『快傑伝』には、それに類することは一切書かれていないからです。
と、なると、池波さんは別の原典を参考に書いたことになりますが、そうなると、痴遊も別の原典を使用したことになり、つまり、痴遊と池波さんは同じ原典を参考にして書いたことになります。

ただ、私が調べた限りでは、その原典に行き当たることは出来ませんでした。
陸奥宗光は、明治30年に亡くなっていますので、もし回顧録を残すのであればそれ以前ということになりますが、この話に類する陸奥の回想録が見つからないのです。
また、痴遊は『快傑伝』を書く以前の明治44年、『陸奥宗光』という伝記も書いているのですが、調べてみると、何故かそこには息軒が陸奥をたしなめる話は一切書かれていませんでした。

以上のように、現在のところ原典が見つからない状況なのですが、この件について、もし何かご存知の方がおられましたら、お知らせ頂けると嬉しいです。
しかし、こういう風に色々と調べてみることが、歴史の楽しさであり、醍醐味であると思いますね(^^)

【2015/05/26 12:44】 | 幕末・維新
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック