西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はマラソンが大好きです!

と、言っても、走るのが好きなのではなく、観るのが大好きなのです。
テレビのマラソン中継は必ず見ますし、また、毎年大阪で行われる「大阪女子マラソン」は、必ず沿道まで応援しに出かけます。
私自身、子供の時分からマラソンを見るのが大好きだったのですが、当時活躍していた瀬古利彦さんや宗茂さん、猛さんの宗兄弟に憧れて、中学生の時は陸上部に入ったくらいです(笑)。

マラソンと言えば、日本のお家芸とまで言われた陸上種目ですが、昨今の男子マラソン界は高速化が進み、今や世界記録は2時間2分台に突入し、世界の強豪に立ち向かえる日本の男子選手が少なくなったのはとても残念ですね……。
日本の女子マラソン界も、高橋尚子さん、野口みずきさんというオリンピックの金メダリストが続けて出たのを頂点に、その後は完全に低迷が続いています。
ただ、女子マラソンは、前田彩里さん(ダイハツ)という新星が登場し、もしかすると次のリオ五輪では、久しぶりにメダルが取れるかもしれませんよ。
私はこの選手にかなり期待しています(^^)

さて、話を再び男子マラソンに戻しますが、先日、

陸上競技社編『マラソン哲学 ~日本のレジェンド 12人の提言~』

という本を買って読みました。
マラソン界に名前を刻んだレジェンドと言われる12人の元選手・関係者が、自らのマラソン人生を振り返ると共に、2020年の東京オリンピックに向けての提言等を書いた本なのですが、とても面白く読みました。
特に、世界のトップで活躍した瀬古さんや宗兄弟、中山、森下といった人達の話は、とても興味く読みました。

少し話がそれますが、皆さんはご存知ですか?
今、男子マラソンの日本記録(歴代最高記録)である2時間6分16秒は、元カネボウの高岡寿成さんが出した記録なのですが、何とその記録は、2002年10月に出たものです。
つまり、もう13年間も日本記録は破られていないということです。
また、ついでに書きますと、フルマラソンを走る上で、とても重要な記録となる陸上男子1万メートルの日本記録(27分35秒09)も、同じく高岡さんが持っているのですが、その記録はもっと古く、2001年5月のものなのです。
日本記録が十年以上も破られていないなんて、ほんと驚きですよね。

ちなみに、陸上男子1万メートルの日本歴代2位の記録は、マラソンランナーとしても有名な元ダイエーの中山竹通さんが出した27分35秒33ですが、この記録にいたっては、何と驚くなかれ、1987年7月に出された記録なのです。
つまり、30年近く前に出された記録が、今をもってして日本歴代2位の記録であり、その記録さえも今の現役選手は抜くことすら出来ていないというわけです。
これをもってしても、いかに日本の男子マラソン界が長らく低迷しているのかがよく分かります。
(逆に、それだけ中山さんが偉大なマラソンランナーだったことを証明しているとも思います)

現在は、「最強の市民ランナー」と呼ばれている川内優輝さんが、サブテン(フルマラソンで2時間10分を切ること)を何度も達成したとニュースになっていますが、世界のトップクラスの記録が2時間2分台から5分台に入っていることを考えれば、サブテンでは最早世界とは勝負にならない時代になっています。
瀬古さんや宗兄弟、中山さん、谷口さん、森下さんのような、世界に通用する強いマラソンランナーの出現を望んでなりません。

【2015/07/22 12:14】 | 読書感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。