西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
先日の連休を利用して、大分県別府市に行ってきました。
目的は温泉とレジャーでしたが、その合間を縫って、少しだけ史跡巡りもしてきましたので、今回はその話を書きたいと思います。

大分県と言う土地は、以前に書いた宮崎と同じく、江戸藩政当時、領内には大藩と呼べるような大きな藩はなく、小藩が分立しているような状態にあったところです。
例えば、現在の大分県内にあった主な藩をあげてみると、

中津藩(奥平家10万石)
杵築藩(松平家3万2千石)
日出藩(木下家2万5千石)
府内藩(松平家2万1千石)
臼杵藩(稲葉家5万石)
佐伯藩(毛利家2万石)
岡藩(中川家7万石)、
森藩(久留島家1万2千石)

といったように、八つの小藩が点在しているような状態にありました。

大分がこのような形で小藩に分断されたのは、やはり当時豊後国を治めていた大友家の衰退と滅亡が主な原因と言えるでしょうね。
詳しく述べるまでもありませんが、戦国時代、豊後には大友義鎮こと大友宗麟という一大人物が九州各地に大きく領土を拡大して君臨していましたが、宮崎から北上してきた島津家との戦いに敗れた後は、完全に精彩を失いました。
豊臣秀吉の軍門に下り、最終的に大友家は滅亡の途を歩みます。
もし、大友家が薩摩の島津家のように、戦国から江戸にかけて大きな勢力を維持できていたとしたならば、江戸時代の豊後の国は大きく様変わりしたかもしれません。

さて、今回、私が訪れたのは、大分県杵築市、つまり松平家3万2千石の城下町があった場所です。
私も杵築を訪れて初めて知ったのですが、杵築の城下町は、非常に変わった形態をしています。
地元の案内板曰く、「サンドイッチ型城下町」という形です。

杵築の町を訪れて、まず初めに「きつき城下町資料館」を見学したのですが、そこで城下町の模型を見て、ガイドの方の説明を聞き、初めて杵築が「サンドイッチ型城下町」と呼ばれている所以が分かりました。
杵築の城下町は、城下町を作る際、城の南にある東西に流れていた川を埋め立て、そこに商人たちを住まわせました。
そして、武士たちはと言うと、川を挟んだ南北の高台に屋敷を構えました。
つまり、埋め立てた川の谷あい部分に商人街を作り、まるで商人たちを見下ろすかのように、そして挟み込むかのように、南北の高台に武家屋敷を作ったのです。
このような城下町の形態が、いわゆる「サンドイッチ」のように見えることから、杵築は「サンドイッチ型城下町」と言われているのです。

なかなか文章のみで表現するのは難しいですが、このような形で城下町を作ったため、杵築の街は、今でも急坂が多く残っています。
それらは旧城下町の名残りと言うべきもので、つまり、武士たちが住んでいた高台から、商人たちが住む、川の埋め立て地に降りるための坂が自然と必要だったというわけです。
それら杵築の坂は、現在は重要な観光資源となっており、「塩屋の坂」や「酢屋の坂」といった風に、坂に名前が付けられ、観光名所になっています。

14380546623540.jpg

さて、写真ですが、これは「塩屋の坂」から「酢屋の坂」を見下ろして撮影したものです。
圧巻の景色ですよね。
写真を撮影したのは城下南側の高台からで、真ん中に写っている道路が旧商人街、そして対岸の坂が「酢屋の坂」と呼ばれるもので、その坂を登ると、北側の武家屋敷に辿りつきます。

私自身は「小京都」という言葉が余り好きではありませんが(全国に小京都が多すぎますよね・苦笑)、杵築の城下町散策は、他の城下町散策と比べても、視覚的にも、そして肉体的にも(笑)、とても味わい深いものになりますよ。

【2015/07/28 12:41】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック