西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のお盆休みを利用して、久しぶりに鹿児島に行ってきました。
今回は北薩、いわゆる鹿児島の北方に行ってきたのですが、お目当ては、いちき串木野市の羽島に出来た「薩摩藩英国留学生記念館」です。

今年(2015年)は、薩摩藩から19名の留学生がイギリスに向けて旅立った150年目を迎える節目の年です。
記念館は昨年7月に既に完成していますが、今年は留学生を顕彰する機運がとても高まっています。
私が羽島に行ったのは、もう10年以上も前のことで、Webサイトを通じて交流していた方に連れて行って頂きましたが、ここから留学生たちが遠くイギリスの地に旅立ったかと思うと、とても感慨深かったのを今でも覚えています。
と、いう訳で、今回久しぶりに東シナ海に面した港町・羽島に向かうことにしました。

いちき串木野市は、その名の通り、元あった日置郡市来町と串木野市が2005年に合併して出来た都市です。
いわゆる「平成の大合併」というものですが、改めて考えてみると、市町村合併して何か良いことがあったでしょうか?
住民サービスが向上したわけでも、市町村の借金が大幅に減ったわけでもなく、結局は歴史ある土地の名前だけが失われた改悪な政策だったとしか思えません。
このことを書きだすとキリが無いので一先ず置きますが、とにかく最近の日本人は由緒ある土地の名前をいとも簡単に捨てすぎる傾向があるように思えてなりません。
「新○○」なんていう名前は正直うんざりですね。。。

さて、今回の鹿児島旅では、目的の「薩摩藩英国留学生記念館」だけではなく、いちき串木野市周辺の史跡もいくつか巡ってきましたので、その時の話を数回に分けて書きたいと思います。

まずは、串木野金山です。
日本国内にある金山と言えば、まず思い出すのが新潟の佐渡金山ではないかと思いますが、どっこい佐渡よりも大きな金山は鹿児島にあります。
実は、鹿児島は金山の町なのです。
県内の伊佐市にある菱刈金山は、現在も金の国内産出量第1位を誇る金山で、現在も採掘中の現役の金山です。
その他にも鹿児島県内には、山ヶ野金山、永野金山といったように、産出量が豊富であった金山が多数点在しており、今回私が訪れた串木野金山も、往年は国内第4位の産出量を誇る金山でした。
鹿児島の金山については、
『金山 鹿児島は日本一』(浦島幸世著、春苑堂出版)
という本が鹿児島の地元出版社から出ていますので、興味のある方は一度お読みになってみてください。

さて、今回訪れた串木野金山ですが、現在は採掘コストの関係から、閉山状態(操業休止状態)になっています。
そのため、串木野金山には、「ゴールドパーク串木野」という、金山をテーマにしたテーマパークが以前造られていたのですが、残念ながら今は潰れてしまいありません。
現在は、いちき串木野市に本社を置く濵田酒造という焼酎メーカーが金山の坑道跡を何と焼酎蔵として再利用しています。
坑道を焼酎蔵に、というのは奇抜なアイデアですよね。

この金山抗の焼酎蔵は、「薩摩金山蔵」と称して、現在は金山と焼酎をテーマにした資料館になっています。
今回、羽島に行く途中で立ち寄ることにしたのですが、非常に楽しめましたし、面白かったです。

「薩摩金山蔵」では、昔の坑道の中をトロッコ列車で移動し、地下の採掘現場跡や焼酎の仕込み蔵を見学することが出来ます。
坑道の中は常に室温が19℃に保たれているらしく、天然のクーラーで夏は涼しく、冬は暖かく見学することが出来ます。
金鉱脈や採掘現場跡もちゃんと残されていることもさることながら、案内役の方が非常にしゃべりが上手だったので、見学していてとても楽しめました。

この串木野金山、久しく採掘されていなかったものを幕末の慶応期に再操業し、薩摩藩の資金ともなったようですが、ツルハシ一本で掘り進める距離はわずか30㎝だったそうですし、採掘した金鉱石約1トンから取れる金の量はわずか5~10gほどというのですから、今から考えれば恐ろしく気の遠くなる作業です……。
確かに、現代ではコストが合わないですよね(^^;

何だか金ばかりの話になりましたが、焼酎蔵の見学も楽しめますので、是非立ち寄って頂きたいスポットですね。

14403846190520.jpg
金山抗内に残されている巻揚げ機
(採掘した金鉱石を地下から上げるためのもの)

【2015/08/24 12:03】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |

お久しぶりです
華煌めく
こんばんは
随分ご無沙汰しております。
時々こちらにお伺いしているのですが、いつも読み逃げで失礼しております。
今晩、長男が遅い夏休みを取り、鹿児島に行くもので、尚古集成館と南洲顕彰館に足を伸ばして貰うよう頼んだところです。息子は昨年は大和ミュージアム、今年は鴨池飛行場となんだか硬派真っしぐらな感じなのですが、、、
還暦を機に塾を始める迄は毎年伊勢神宮、出雲大社、京都、高野山、岩國錦帯橋などなどあちらこちら誘ってくれていたのですが、最近私が長期のお休みを取ることが出来ないもので、勢い硬派に向かったのかも?
私の還暦と共に父親の自営業手伝いを卒業し就職したものの、そちらもお硬い職場、可愛いお嫁さんに出会える機会もなく未だ独身。優しく、思いやりのある子なのになぜ?早くいいお嫁さんを見つけて欲しいのですが、本人は全くその気無し。自由を謳歌しています。
お土産に頼んだかるかんと無事な帰宅を待つのみです。


ご無沙汰しております
tsubu
華煌めくさん

ご無沙汰しております。
また、レスが遅くなってしまい、申し訳ありません。

最近は男女共に晩婚と早婚の差が激しいですよね。
早い人はすごく早いのに、遅い人はなかなか、とちょうど良い適齢期と呼ばれている期間の結婚が少なくなっているような気がします。
でも、僕も独身を謳歌したタイプですので、強くは言えませんが(笑)。
息子さんに素敵なお嫁さんが来られることを僕も祈ってます(^^)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
こんばんは
随分ご無沙汰しております。
時々こちらにお伺いしているのですが、いつも読み逃げで失礼しております。
今晩、長男が遅い夏休みを取り、鹿児島に行くもので、尚古集成館と南洲顕彰館に足を伸ばして貰うよう頼んだところです。息子は昨年は大和ミュージアム、今年は鴨池飛行場となんだか硬派真っしぐらな感じなのですが、、、
還暦を機に塾を始める迄は毎年伊勢神宮、出雲大社、京都、高野山、岩國錦帯橋などなどあちらこちら誘ってくれていたのですが、最近私が長期のお休みを取ることが出来ないもので、勢い硬派に向かったのかも?
私の還暦と共に父親の自営業手伝いを卒業し就職したものの、そちらもお硬い職場、可愛いお嫁さんに出会える機会もなく未だ独身。優しく、思いやりのある子なのになぜ?早くいいお嫁さんを見つけて欲しいのですが、本人は全くその気無し。自由を謳歌しています。
お土産に頼んだかるかんと無事な帰宅を待つのみです。
2015/10/01(Thu) 20:29 | URL  | 華煌めく #Ul1C9RXA[ 編集]
ご無沙汰しております
華煌めくさん

ご無沙汰しております。
また、レスが遅くなってしまい、申し訳ありません。

最近は男女共に晩婚と早婚の差が激しいですよね。
早い人はすごく早いのに、遅い人はなかなか、とちょうど良い適齢期と呼ばれている期間の結婚が少なくなっているような気がします。
でも、僕も独身を謳歌したタイプですので、強くは言えませんが(笑)。
息子さんに素敵なお嫁さんが来られることを僕も祈ってます(^^)
2015/10/20(Tue) 17:56 | URL  | tsubu #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。