西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
島津斉宣ゆかりの史跡「驪龍巖」を見学後、さらに車で北上し、今回の史跡巡りの最終目的地である、いちき串木野市の羽島の「薩摩藩英国留学生記念館」に向かいました。

一番最初にも書きましたが、2015年は薩摩藩から19名の留学生(正確には15名の留学生+4名の視察員)がイギリスに向けて旅立った150年目を迎える節目の年であり、そのことを記念するべく、2014年7月に留学生一行がイギリスに向けて旅立った羽島浦の地に、その業績を顕彰する記念館が建てられました。
私が羽島を訪れるのは10年以上ぶりのことでしたが、その時と比べると景色が一変しており、かなり驚きました。
私が最初に訪れた当時は、留学生たちが旅立ったことを示す記念碑以外は何もなかったのですが、それが今では西洋風の豪華な造りの記念館が建てられ、その周辺は綺麗に整備され、立派に観光地化されています。
今回私が訪れたのは夏休み(お盆休み)の最中であったためか、記念館前の駐車場も満車状態でした。
昔は訪ねる人などほとんどいなかった土地に、今ではこれだけ多くの観光客が訪れているのですから、ほんと不思議ですね。

さて、記念館のことですが、館内に入ってまず感じたことは、展示のトップを飾っていたのが、留学生の高見弥市と堀孝之の二人の紹介であったのを見て、私自身、溜飲が下がると言いますか、妙に納得したことです。

余り良い話ではないので長々とは書きませんが、九州新幹線の発着駅ともなっている鹿児島中央駅の駅前広場に、「若き薩摩の群像」と呼ばれる銅像が建てられています。
鹿児島を旅行されたことのある方なら、一度はご覧になられたことがあるのではないでしょうか。
この銅像は、薩摩藩からイギリスに旅立った留学生たちをモチーフにしたもので、留学生を一体ずつ銅像にし、それらを組み合わせて、「若き薩摩の群像」と名付けたものなのですが、留学生たちの銅像を指折り数えていくと、不思議なことにその銅像が17体しかないことに気が付きます。
イギリスに旅立った留学生の数は19名のはずなのに、なぜか銅像が17体しかないのです。
実は、これには一つの理由があります。
銅像が17体しかないのは、留学生19名の内の2名が薩摩出身者ではなかったためです。

薩摩からイギリスに旅立った留学生の中に、2名だけ薩摩出身ではない人物がいました。
それが高見弥市と堀孝之の二人です。
まず、高見弥市ですが、彼は非常に変わった経歴の持ち主です。
高見は元土佐藩士で、土佐藩の藩論が大きく変わるきっかけともなった、土佐藩参政・吉田東洋の暗殺に深く関わった人物でした。
そのため高見は土佐藩を脱藩せざるを得なくなったわけですが、その後、縁あって薩摩藩の庇護を受けることとなり、後に正式な薩摩藩士となるのです。
(このことについては、本Webサイトの「薩摩的幕末雑話」の中の

第十話「新生 -薩摩藩英国留学生・高見弥市の生涯-」

に簡単に書いていますので、ご興味のあられる方はお読みになってみてください)
また、もう一人の堀孝之は、長崎出身の通詞(通訳)であり、彼も薩摩藩とは非常に縁の深い人物でした。

そんな彼らが、純粋な薩摩出身者ではないとの理由で、鹿児島において「若き薩摩の群像」が製作されるに際し、対象から除外されてしまったのです。
このことがいわゆる鹿児島独特の「閉鎖性」を象徴していると、随分以前に物議を醸したことがありましたが、前述のとおり「薩摩藩英国留学生記念館」のトップを飾る展示を彼ら二人にしたのは、おそらくそういった経緯を踏まえてのこと、つまり意図的なものであろうと思います。
罪滅ぼしと言うと、少し聞こえは悪いですが、そういったことを配慮しての展示構成なのだろうと私は感じました。

さて、少し話がそれましたが、記念館は私が期待していた以上に素晴らしい展示がなされており、薩摩藩英国留学生一行の足跡や業績を詳しく知ることが出来る資料館でした。
今回私が訪れた時は、留学生の一人である長沢鼎(ながさわかなえ)関連の企画展示がなされていましたが、それらもとても興味深く見学することが出来ました。
ちなみに、長沢は本名を磯永彦輔と言うのですが、留学の際に藩から与えられた「長沢鼎」の変名が気に入り、その後もその名で通し、後にアメリカのカリフォルニアに渡って、「ワイン王」と呼ばれたことでも有名な人物です。

羽島に来るといつも思うのですが、イギリスへの渡航を前に、留学生一行はここでどのような気持ちで、そしてどんな思いをして過ごしていたのでしょうか。
現代の海外留学とは根本的に異なり、当時の海外留学は国禁を犯しての密航であり、死を賭した決死行でもありました。
彼らのイギリス渡航が人目を忍ぶ行為であったことを示す証拠として、薩摩藩が彼らに対して下した公式な藩命は、「甑島並びに大島(奄美大島)への出張」でした。
つまり、藩は対外的にもそして対内的にも、彼らを藩内の離島へ出張させるという名目でイギリスに派遣したのです。
彼らの渡航は、いわゆる藩の上層部や近親者しか知らない、秘密裏に行われたことでした。
当時の外国と言えば、日本人にとってまさに未知の領域であり世界です。
そんな未知の世界に、人目を憚るように踏み込もうとしていた彼らの胸中を思うと、察するに余りあります。

私は羽島を訪れると、留学生たちの希望に満ち溢れた明るい気持ちを感じることはなく、逆に大きな不安や恐怖と言った、一種暗い、憂いの気持ちの方を強く感じます。
羽島を訪れた際には、是非、当時の留学生たちの気持ちを慮り、自分なりの何かを感じ取って頂ければと思います。

最後に軽い話ですが、いちき串木野市は、鹿児島名物「さつま揚げ」の本場とも言えるところで、海岸沿いを中心に、さつま揚げの工場がたくさん建てられています。
当然、私も買って帰り、舌鼓を打ちました(^^)
機会があれば、歴史的な見どころも、そして土地の名産も満載のいちき串木野市に是非足を運んでみてください。

14537964454190.jpg
薩摩藩英国留学生記念館(いちき串木野市)

【2016/01/26 17:25】 | 史跡巡り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック