西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先月(2016年7月)のことですが、昨年に引き続き、家族と別府旅行に出かけました。
 夏の別府行きは、最近では我が家の恒例行事になりつつありますが、以前にもブログで書いたとおり、私は別府という町が大好きです。

 別府が、私の好きな温泉の宝庫であり、そして新鮮な肉や魚、野菜などグルメ豊富な町であることもさることながら、私にとって別府という町は、何かノスタルジックな思いを抱かせてくれる街です。
 郷愁という言葉は適切ではないかもしれませんが、別府の街を歩いていると、失われてしまった古き良き風景や昭和の街並みを見ることができ、何だか子供時分に戻ったような感覚に襲われます。
 別府は、私にとっては縁もゆかりも無い土地ですが、何だか懐かしい街なのです。

 と言う訳で、今年も大好きな別府に出かけたので、その楽しい旅行記を書こうと思ったのですが、その話の前に、昨年の別府旅行の際に味わった、ものすご~く嫌な出来事をふと思い出したので、「走れ! 吉之助」風に、そのことについて書きたいと思います。
 怒りがこもった内容ですが、しばしお付き合い下さい!



 別府では名の通った有名な回転すし屋があります。
 名前を出して良いでしょう。「亀正くるくる寿司」というお店です。
 昨年7月の別府旅行の際に訪問したのですが、味はさて置き、客への対応が最低だと感じました。

 「亀正くるくる寿司」は、有名なグルメサイトの「食べログ」でも高評価のお店で、別府でも1、2を争うほどの人気店です。開店前から大行列が出来ることでも知られています。
 大分県のブランド魚、いわゆる関アジや関サバといった魚を格安で食べられると評判で、私も「別府に行ってお寿司を食べるならこのお店!」と、大分に旅行する前からずっと楽しみにしていました。

 訪問当日は生憎の雨……。
 にも関わらず、私は娘と二人で、開店2時間くらい前にお店に行きました。
 娘もまだ小さいので、なるべくカウンターの端の席に並んで座りたいと思い、朝から早く出かけたのですが、雨であったためか、まだ一人も客は来ておらず、私と娘は1番目に並びました。

 これは口コミで知ったのですが、この「亀正くるくる寿司」、開店と同時に通常のメニューには載っていないもの、つまり仕込みの段階で出た魚の切れ端や本来は売り物にならないような小魚の切り身を寿司にして、サービス品として格安で回転レーンに流すようで、なるべくレーンの上流に座った方が良いと聞いていました。

 開店前にはざっと20人以上が並んでいましたが、私と娘は1番目に並んでいたので、「これは上流に座れそうだな!」と思っていたのですが、開店と同時に、私が娘の手を引いてレーンの一番上流の席に行こうとすると、店員が私に対して、

「すいません。こちらから詰めてお座り願います」

 と、レーンの一番下流を指さしたのです。

 私が「こっちじゃダメなんですかね……?」とレーンの上流を指さすと、その店員は、

「こちらから詰めて座って頂いていますので」

 と、再びレーンの一番下流を指さしました。

「あっそうか……。勝手には座れないんだな……」と思い、娘の手を引いて一番下流の端の席に座ると、何とあろうことか! 2番目以降に並んでいた客たちは、我さきとレーンの一番上流から詰めて座っていくではありませんか!

「エッ……?」

 私は何がなんやら分からず、その光景をただじっと見ているしか出来なかったのですが、行列の2番目以降に並んでいた全ての客たちは、レーンの上流から詰めて座っていったのです。
 それに対し、先程の店員は何の指示や誘導をすることなく、ただじっと黙って見守っているだけです。

 そして、レーンの上流に座った客たちは、まるで飢えた野獣のように(汗)、最初に流れてくる、いわゆるメニューに載っていないサービスの皿を両手で根こそぎ取りまくっているではありませんか!
 もちろん、一番下流に座っているのは私たち親子にお寿司の皿など一枚も流れてくるわけなどありません……。

 これって、おかしくないですか???
 はっきり言って、めちゃくちゃな客対応だと思いませんか?

 雨の中、開店2時間前から並んでいた私たちが、店員の指示で全く皿も流れてこない一番下流の席に座らされ、2番目以降の客たちは、自由に上流の席から詰めて座り、そしてそのことに対して店員たちは何の指示も出さない……。

 お店にとっては、私たちが顔も知らない観光客、つまり常連さんでは無かったので、店員たちに差別されたということでしょうか?
 それとも店員の指示にちゃんと従った私たち親子だけがバカを見たということでしょうか?

 亀正くるくる寿司。
 確かに、寿司自体の味やコストパフォーマンスは高いお店だと思いましたが、それよりも、味以前に問題があるお店だと感じました。
 食べログではものすごく高い得点が付いていますが、客商売として、こんな客対応を取るすし屋はロクなものじゃないです。
 それは実家がすし屋を経営していた私が言うのですから間違いありません(苦笑)。

 余りにも頭にきたので、食べログにこの実態を書こうとしたのですが、何度書き込んでも「不適切な書き込み?」ということで掲載出来ないとのこと……。

 今回の件でよく分かりましたが、所詮「食べログ」なんていうグルメサイトの口コミは、お店に都合の悪い情報は載せない、いわゆる作られた口コミ情報ばかりなんでしょうね……。
 味はともかく、客への対応などの接客については、実際に行かないと分からないものだとつくづく感じた次第です。

 と、何だか怒りのままに書き連ねましたが、次回からは明るい別府旅行の話に戻ります。
 でも、何だか書いてスッキリしました~(^^;

【2016/08/08 16:20】 | グルメ・食べ歩き
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。