西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、9月24日は、西郷隆盛の命日です。
九州に住んでいた頃は、都合がつけば鹿児島に行っていましたが、大阪に住んでいる現在はなかなか気軽に行けなくなりました。
まずは、合唱して、冥福を祈りたいと思います。

さて、今年の八月のことですが、久しぶりに鹿児島に行きました。
以前は一年に二、三回は鹿児島に行っていましたが、最近は一年に一回程度ですね。(それでも、行っている方かもしれませんが・笑)
ただ、八月の鹿児島行きは、史跡巡りは全くすることなく、「そば茶屋 吹上庵」で大好きな「黒豚板そば」を食べ、家族サービスの一環で「かごしま水族館」に行っただけでしたが、鹿児島の街はほんと変わりましたね。

鹿児島だけに限らず、最近はどの地方都市も同じような姿に見えてしまうのは気のせいでしょうか。
イオンなどの大きなショッピングモールが郊外に出来、街の中心が空洞化を起こしながら、全国展開のチェーン店だけが軒を連ねる。
日本全国、街の特徴や特色がどんどん消えて無くなり、画一化が進んで行っているような気がしてなりません。
昔の鹿児島の街並みは、何かこう、なかなか言葉には言い表せませんが、南国情緒溢れていると同時に、重厚さがあって良かったんですけどね~。
私は鹿児島中央駅の存在自体が実は気に入らないのです。
あんなデザインの建物いりますか?
おまけに観覧車までついたりして……。
昔の西駅(西鹿児島駅)の方が良かったですね。(と、言ったら、鹿児島の人に怒られそうですが^^;)

と、こんなことを書いていると、昭和を懐かしむ男だと言われそうですが(^^;、明治維新後の島津久光も、こんな風な感慨を持っていたのかもしれません。
歳を重ねる毎に、だんだん久光の気持ちが分かるようになってきました(苦笑)。


続きを閉じる▲
私は鹿児島中央駅の存在自体が実は気に入らないのです。
あんなデザインの建物いりますか?
おまけに観覧車までついたりして……。
昔の西駅(西鹿児島駅)の方が良かったですね。(と、言ったら、鹿児島の人に怒られそうですが^^;)

と、こんなことを書いていると、昭和を懐かしむ男だと言われそうですが(^^;、明治維新後の島津久光も、こんな風な感慨を持っていたのかもしれません。
歳を重ねる毎に、だんだん久光の気持ちが分かるようになってきました(苦笑)。

FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/09/24 08:45】 | 西郷隆盛
トラックバック(0) |

なつかしいです^o^
”華”煌めく
こんばんはv-22
西郷さんのお命日はお彼岸中なのですね。
比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行された
酒井雄哉さんはおととい9月23日に亡くなられました。
お彼岸の期間中に亡くなるのは、
霊的に高い方だと聞きます。
どちらも偉大な方ですね。

昔大阪に勤めていた頃、
会社の専務が、鹿児島の
社員の実家に行かれたのですが、
帰社早々、
「○○君の家は、アメリカ西部みたいなとこにあった。
車がどこまで走っても同じ景色やった!」
とのたまい、爆笑でした。
街を外れると広い土地が続いていたそうです。
今はそんなところも開発されているのでしょうか?
また、鹿児島出身のお友だちは、
火山灰が雪のように積もるといっていましたが、
今年は大変だったのではないでしょうか?



tsubu
こんにちは。

昔は、鹿児島市内以外はそんな感じだったのかもしれませんね(笑)。
今はだいぶ開発されてきていますが。

今年は桜島も大爆発を起こしましたので、すごい降灰だったと聞きました。
実は僕が鹿児島に行った時も、結構灰が降っていたので、「あれ?」と思っていたら、大爆発だったので、やっぱりな、という感じでしたよ。


ダラオイリハ
私は西郷隆盛は三国志の劉備と共通点が多いと思います。ただし三國志演義では正史三国志の劉備ですが…。
両者ともに人を引き付ける器の持ち主ながら、それだけの人ではなく強かさ、そして時にエグイまでの非情さも併せ持つ、実に人として興味引かれる、面白い人だと思います。

ちなみに大久保は…家康の懐刀・本多正信にイメージが近いと思うのは自分だけでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なつかしいです^o^
こんばんはv-22
西郷さんのお命日はお彼岸中なのですね。
比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行された
酒井雄哉さんはおととい9月23日に亡くなられました。
お彼岸の期間中に亡くなるのは、
霊的に高い方だと聞きます。
どちらも偉大な方ですね。

昔大阪に勤めていた頃、
会社の専務が、鹿児島の
社員の実家に行かれたのですが、
帰社早々、
「○○君の家は、アメリカ西部みたいなとこにあった。
車がどこまで走っても同じ景色やった!」
とのたまい、爆笑でした。
街を外れると広い土地が続いていたそうです。
今はそんなところも開発されているのでしょうか?
また、鹿児島出身のお友だちは、
火山灰が雪のように積もるといっていましたが、
今年は大変だったのではないでしょうか?
2013/09/24(Tue) 21:48 | URL  | ”華”煌めく #jh9yyTnY[ 編集]
こんにちは。

昔は、鹿児島市内以外はそんな感じだったのかもしれませんね(笑)。
今はだいぶ開発されてきていますが。

今年は桜島も大爆発を起こしましたので、すごい降灰だったと聞きました。
実は僕が鹿児島に行った時も、結構灰が降っていたので、「あれ?」と思っていたら、大爆発だったので、やっぱりな、という感じでしたよ。
2013/09/25(Wed) 17:47 | URL  | tsubu #-[ 編集]
私は西郷隆盛は三国志の劉備と共通点が多いと思います。ただし三國志演義では正史三国志の劉備ですが…。
両者ともに人を引き付ける器の持ち主ながら、それだけの人ではなく強かさ、そして時にエグイまでの非情さも併せ持つ、実に人として興味引かれる、面白い人だと思います。

ちなみに大久保は…家康の懐刀・本多正信にイメージが近いと思うのは自分だけでしょうか。
2016/07/07(Thu) 22:56 | URL  | ダラオイリハ #96ds0q7g[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。