西郷隆盛、幕末・維新史、薩摩藩に関する話題など、幅広く書き込んでいます
 敷根火薬製造所跡を訪れた後、いよいよ目的地の鹿児島市内へと向かいました。
 鹿児島を訪れるのは約1年ぶりのことでしたが、桜島を見ると、鹿児島に来たという実感が沸きますね。

 我が前に 桜島あり 西郷も 大久保も見し 火を噴く山ぞ

 海音寺潮五郎が詠じた詩ですが、桜島を前にして、この同じ風景を西郷や大久保も見ていたのだと考えると、ほんと胸が熱くなります。

 さて、鹿児島市内に入った後、まずは南洲墓地に行き、西郷さんの墓参りを済ませました。
 ここも何度訪れても良い場所です。
 西南戦争で亡くなった人たちの墓を背景に見る桜島も感慨ひとしおです。

 その後、折角来たので「西郷南洲顕彰館」を見学し、目的地である黎明館に向かったのですが、黎明館に続く道は車で大渋滞!!!
 この日は8月11日(祝)。夏休みで子供向けイベントや展示会が開かれていたせいか、黎明館周辺は車で溢れかえっていました。
 何とか黎明館の駐車場に車を止めて時計を見ると、午前11時少し前。少し早かったのですが、お昼をとることに。
 そして、鹿児島に来たら、やっぱり「味のとんかつ丸一」に行かんとダメでしょ!

「味のとんかつ丸一」

 少し大げさですが、私は全国各地の数多くのトンカツをこれまで食べ歩いてきましたが、私が今まで食べた中でもベスト3に入るトンカツ屋さんです。
 最近は「るるぶ」などの観光ガイドブックに掲載されているため、観光客がわんさと押し寄せ、お昼は並ばないと食べられなくなってしまいましたが、それでも鹿児島に来ると、どうしても一回はこの丸一に行きたくなります。

 と、言う訳で、黎明館に車を止めた後、猛暑の中、鹿児島市役所前まで歩き、そこから市営バスを利用して、丸一のある高見馬場へと向かいました。
 お店の前に着いたのは、開店時間の20分前でしたが、案の定、開店前から店先に人が並んで待っています。
 この日、黎明館で開催される『薩長同盟フォーラム』は、午後1時からの受付開始(午後1時半開始)でしたので、まだ十分時間はあるため、行列に並ぶことに。
 そして、いよいよ開店時間の11時半!
 食べるぞ~!!! と、思いきや、開店と同時に10名以上の予約の団体客が最初に入ってしまい、少し待たされることに。。。
 でも、いいんです。待っても美味しいとんかつが食べられれば!

 そして、待つこと20分。ようやく入店し、ランチメニューではなく、通常メニューの「上ロースかつ定食(2100円)」を注文しました。
 丸一に来たら、私は必ず上ロースかつ定食を頼みます。値段は少し張りますが、それだけ出しても食べる価値は十分にあるとんかつだからです。

 そして、いよいよ来ました! 待ちに待っていた上ロースかつ定食が!
 丸一の上ロースかつは、とにかく分厚い!!!
 350gくらいはあるかと思うほどのビックサイズのとんかつなのですが、それに反して、肉はとても柔らかくジューシーで、豚の脂も甘くて美味しいのです。
 もう~、ご飯がススム君です(笑)。

14755482836962.jpg
丸一の「上ロースかつ定食」

 丸一のとんかつは、肉にからしをたっぷり塗った上で、備え付けの自家製とんかつソースをたっぷりかけて食べるのが流儀です。
 ただ、女性や子供には少し量が多いかもしれませんので、注文する際は気をつけて下さい。(おそらく食べきれないのでは?)
 ちなみにランチメニューの「ロースランチ定食」は1,300円ですが、これでも十分に満足で美味しいですよ(^^)


(3)に続く

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/10/04 12:30】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック